【海外ダーツプレイヤーをしらべてみた】元電気技師からの成り上がり!“ボルテージ” ロブ・クロス

“ボルテージ” ロブ・クロス

皆様、どうもお世話になります。ハナザワです。
今回も

海外ダーツプレイヤー紹介!

です!!

前回は”スネークバイト”ピーター・ライトを取り上げてみました。

【海外ダーツプレイヤーをしらべてみた】”スネークバイト”ピーター・ライト

私がこれを選ぶ基準はキャッチコピーがかっこいい、かっこよくないか!?です。
そして今回ご紹介するのは、

“ボルテージ”ロブ・クロス!

ああ、もう響きだけでかっこいい!
プロフィールページはこちら!

https://www.pdc.tv/players/rob-cross

 

2018年のワールドチャンピオンになっているロブ・クロス!
1990年生まれの現在28歳の若きプレイヤーです。
調べてみたところプロになったのは27歳。それまでは電気技師をしながらダーツをしていたそうです。
彗星の如くダーツ界に現れたロブ・クロスは様々なタイトルを一気に獲得し、2018年のワールドチャンピオンシップに初挑戦で初優勝!
レジェンドとと言われる、”ザ・パワー”フィル・テイラーにも勝利。

ロブクロス、まだワールドチャンピオンの実感がない
http://magazine.s-darts.com/news/pdc_official/page4801.html

元電気技師からの成り上がりストーリーがあまりにもかっこいい!

2018ワールドチャンピオンシップ ロブ・クロスVSフィル・テイラー

ちなみにキャッチコピーになっている”ボルテージ”の意味には「電圧、熱気、内にこもる力」と言った意味があります。
これは元電気技師という部分とかけているのだろうか?

ロブ・クロスのプロフィール

    • Walk on music Hot Hot Hot – Arrow
    • Date of birth September 21 1990
    • Home town Hastings, England
    • Darts Used 21g Target

しかし海外のダーツプレイヤーはほんとキャッチコピーもそうだし、キャラクターも強いし派手ですね!
さてさて次回はどのプレイヤーを調べようかしら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。