【ダーツの投げ方】テイクバックとリリースの意識改革だけで飛びが変わる!【分析編】

【ダーツフォーム】テイクバックとリリースを意識するだけで飛びが変わる!【分析編】

みなさんこんにちは!

 

darts meeee!!!!編集部サユリです!

 

以前、ものすごく不調だということを告白しました。

【ダーツの投げ方が悪い?】赤裸々告白。サユリ、めっちゃ○○なんです。【原因分析と対処法】

 

この記事の中でテイクバックを意識することを対処の1つとしてあげていたのですが、実践したことをまとめたので報告したいと思います。

 

今までの意識を分析

今まで(と言うか調子が悪くなってから)を振り返ると、私はこんなことを思ってダーツを投げていました。

・飛ばせない

・リリースポイントジャストで手をはなさなきゃ

・ブルに入れなきゃ

 

これって、以前の調子がよかったときには割と簡単にできていたことで、投げる頻度も多かったことからある程度体に染み込んでいたのではと推測しています。

しかし、投げる頻度が減り体の感覚も薄れてくると、投げれていた記憶だけが残り

「おかしいな」

「こんなはずじゃなかった」

と無理やり投げるようになってしまったんですね。

 

今までの意識の結果

・飛ばさなきゃと力む

・飛ばさなきゃとテイクバックが早くなる

・ジャストポイントを考えすぎてリリースが遅れる

こんな風になっていったんだと思います。

 

そして、飛ばさなきゃとガチガチのまさしく投げるようなフォームで放つダーツは綺麗に飛ぶわけはなく、

「グルーピングバラバラ」

「手離れが悪い」

「レーティングが下がる」

現象を引き起こすこととなったんですね〜。

 

 

過去の自分を冷静に振り返ってみると、こうして全部が繋がっているんだなと改めて気づきます。(もっと早く気づきなさいな)

 

ダーツの飛び

ガチガチフォームで投げていた私のダーツの飛びはそれはそれは残念な飛びをしておりました。

良く綺麗な軌道の表現で「弧を描くように」と言いますが、私の飛びはもはや円!丸!

また、フォームがバラバラゆえに軌道もバラバラ。

 

私は綺麗にダーツを投げられると、人差し指をなぞってダーツが飛んでいくので結構な右回転がかかります。

飛ばせている時は回転がかかるダーツも、飛ばせなくなると無回転になります。

 

もうあげればいくつでも出てきそうなほどですが、総じて言うととても汚い飛びだと言うことです!

 

これは改善せねば!と、実際に行った方法と変化を紹介していきます。

次回:【ダーツフォーム】テイクバックとリリースを意識するだけで飛びが変わる!【実践編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。