【DARTSLIVE3】ダーツの飛びの良し悪しを矢速でもチェックする

Tシャツは胸ポケット無しより有り派!

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

DARTSLIVE2よりDARTSLIVE3で投げることが多い、今日この頃。

いつも通り何気なくDARTSLIVE3でダーツを投げていたところ『とあるルーティーン』をしていることに気が付いた。

 

毎回ダーツを投げ終わると台の下画面を見ている。

 

毎回!!!

 

矢速をみていた!!!!!

 

DARTSLIVE3では矢速を確認することができる

DARTSLIVE3では新しい機能として矢速をリアルタイムで確認することができます。

数ある上達方の中に、同じ速度で3本投げると耳をすることがあります。

今までは体感でしか分からなかったことが数値として可視化されるようになっています。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

【DARTSLIVE3】最新ダーツマシンの機能や開発経緯、魅力を徹底取材!

 

DARTSLIVE3の矢速計測でダーツの調子を確認する

あまり気にしていませんでしたが、僕、矢速でダーツの調子を見ていたんです。

アプリ画面

 

僕の矢速は基本的には20.0km〜21.0kmです。

これ以上、これ以下の矢速が出た時は投げる際に何かしらの問題があった時です。

例えば矢速が早すぎる(21.0km~)場合は、『力み』、『リリースポイント』を意識して改善します。

また、矢速が遅すぎる(~20.0km)場合は、『ダーツに力が伝わっていない』ことからダーツの重さを意識して投げるようにしています。

 

自分で言うのもなんですが、あまり意識をせずにDARTSLIVE3の矢速計測機能を活用していました。

勿論矢速が全てと言うわけではありません。

ただ、指標とできる要素となるのではないかと思いこの記事を書き連ねています。

 

ダーツを投げた際に飛びや軌道を含めすげー気持ちよかったってことありますよね?

僕の場合それが矢速とリンクすることが多々あります。

逆もまた然り。

目視で確認が出来てしまう程、ダーツに力が伝わってない時や、垂れてしまう時はやはり矢速が落ちています。

このことから矢速という指標を基に原因の分析を行うことで制度を上げた練習が行えるのではないかと感じました。

 

矢速から問題点を探し、ダーツの投げ方や改善方法の理論に結びつけることできる可能性があると考えられたため、気になった方は一度自身の矢速を気にかけてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。