【素朴な疑問】ダーツのユニフォームはなぜ襟付きシャツなの?

みなさんこんにちは!

 

darts meeee!!!!編集部サユリです!

 

ダーツを始めてから、プロの大会を初めて見たときに思ったことがあります。

それは、「ユニフォームはなんで襟付きのボタンシャツなの?」ということです。

 

今まで散々部活動でユニフォームを着てきた経験がありますが、そのような疑問を抱いたことはありませんでした。

が、何を思ったのか突然思ってしまったのです。

 

なぜサッカーみたいなTシャツの形じゃないのか?

なぜバスケットみたいに袖なしではないのか?

バスケユニフォーム

 

疑問に思ったままにしておくのは精神衛生上(そうでもないが)良くないので、調べてみることにしました!

 

 

・・・うん。

ネットの力を借りて調べてみましたが、これだ!という決定的なものは見つかりませんでした。

これは、どこか大きな海外の団体などに聞いてみないとわからないかもしれません。(結局)

情報知ってるよ!という方いらっしゃいましたらぜひ教えてください。(頼む!)

 

しかし、プロの大会にはユニフォーム規定があるようです。

JAPAN

JAPANのユニフォーム規定には、「襟付き」や「ボタン付き」という項目は見受けられませんでしたが、参照図にはやはり襟付きシャツのイメージです。

PERFECT

PERFECTの規定は細かく設定されており、そこにこんな一文がありました。

襟、袖があるもので、色は複数使用可とする。

ファスナー、ボタンで前を閉じることが可能であること(ポロシャツ可)。

・・・なるほど。

大会のユニフォーム規定にしっかりと記載されていたんですね。

 

他にもボトムスの規定なども記載されており、デニム不可というのを初めて知りました。

 

ダーツは紳士のスポーツと言われているので、動きやすさを重視したものより紳士としての服装を意識したものになっているのかもしれませんね。(ゴルフみたいに)

 

ユニフォームはプロの大会の規定なので、一般の大会ではそこまで厳しい規定はないようです。(詳細は各大会により異なると思います。)

MJに参加した際も、必ずしもユニフォームを着用しなければいけないなどの規定はなく、自分が投げやすい服装をしていれば大丈夫でした。(サユリは寒かったのでニットでした。。。)

 

一般の大きな大会ともなると、同じ店舗から出場する仲間同士でお揃いのユニフォームを作って参戦している方を見かけました!

 

なにあれ!いいな!私もdarts meeee!!!!のユニフォーム作って大会出たい!

 

と思ったので、そのうちロゴを背負って大会に参戦しているかもしれません。(もはや目標)

オールブラックで赤とかゴールドのラインがシュッと入っていたらかっこいいだろうなぁ・・・・(完全なる妄想)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。