• プロプレイヤー
  • JAPAN/PERFECTで活躍するダーツのプロプレイヤーを徹底取材!!!
【ダーツプロ取材】頑張れば得られる評価と成績。結果に拘ることを課題に JAPANプロ〜堀 弘章〜

【ダーツプロ取材】頑張れば得られる評価と成績。結果に拘ることを課題に JAPANプロ〜堀 弘章〜

8+

ヘッドホンよりイヤホン派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

今回は土井大輝プロのご紹介もあり、JAPANで活躍をされている堀弘章プロを取材いたしました!

意外な一面や、スポーツが好きな堀弘章プロ。

ダーツのプロプレイヤーとしても長く、堀弘章プロの過去から現在に至るまで徹底密着です!

堀弘章プロの基本プロフィール

  • 名前     :堀 弘章(ほり ひろあき)
  • 生年月日   :1980年10月23日
  • 出身     :長野県
  • 好きなこと  :スウィーツ・スニーカー
  • プロ資格取得日:2011年
  • 好きなアレンジ:ブルアウト

堀弘章プロ

くるす:スニーカーがお好なんですね。先ほどちらっと見ましたが凄いお洒落です!!!

堀弘章すぐ買っちゃうんでやばいんですよ...

くるす:何足くらいお持ちに?

堀弘章:結構処分したんですけど、何足くらいだろ...ちょっとわからないですね。家のシューズボックスが結構大きいんですが、全て埋まり、さらに別の棚も購入して入れている状態です。

くるす:ダーツをされている方ってスニーカー好きが多いですよね。

堀弘章:結局そこに行き着く所がある気がするんですよね。他のダーツプロでスニーカーが好きな方とお話しすると、どの靴が投げやすい、疲れないっていうのは皆んな試していて、沼にハマっていく感じですね。(笑)

くるす:おすすめのスニーカーってありますか?

堀弘章:最近はなんでも履きやすくなってきていると思いますよ。

くるす:直近で購入した靴はなんです?

堀弘章:直近は、、、僕試合の時はいつもナイキの270シリーズを履いています。しっかりフィットしてくれつつ、エアーで疲れづらく、安定感があります。

くるす:長時間試合するとなると靴は確かに大事ですね。後、、、スウィーツ???デザートですか?(笑)

堀弘章:そうです。(笑)

堀弘章:僕、お酒がアレルギーで一切飲めなくてスウィーツに...(笑)

くるす:お酒強そうなんですけどね!因みにどんなスウィーツがお好きなんですか?

堀弘章:ジャンルは問わないんですけど、一人で千疋屋に行ってパフェを食べたりします。キルフェボンの銀座に行くとアウェー感が凄いです。(笑)

くるす:凄い甘党なんですね。(笑)

くるす:好きなアレンジがブルアウトってことですが何故ブルなんでしょうか?

堀弘章:ダーツが上手くなったきっかけがカウントアップでブルを狙っていたことだったり、自分の中で自信もありキーになっているのがブルですね。

堀弘章プロ

 

波を待つ機会からダーツに繋がった!?ダーツを始めたきっかけ

くるす:何をきっかけで堀プロはダーツをされたんでしょうか?

堀弘章:元々サーフィンにのめり込んでいたのですが、毎日波がある訳ではないので…凄く言いづらいのですが暇つぶしでした。(笑)

くるす:波待ちダーツプレイヤーみたいな感じですね!(笑)

堀弘章いや、ほんと、取材ってこんな感じでいいのかな...(笑)

くるす:多分大丈夫っす、編集するのでっ!(ありのまま伝える。)

くるす:でも、なんでダーツだったんですかね?他にも遊ぶことってあると思うんですよ。例えばボウリングだったり、ビリヤードだったり、カラオケだったり、ゴルフだったり・・・

堀弘章:サーフィンって朝5時くらいから入るんですが、波をチェックして今日は波が無さそうだなって時もあるんですね。でも、せっかく来たのでどっか行こうとなった時に営業しているところがダーツバーとかしかないのと、先輩がダーツが好きだったんですよ。

くるす:なるほど。先輩がダーツが好きだったことによる影響も大きそうですね。

堀弘章:でも、ダーツじゃないんですよ。(笑)

くるす:...んっ?

堀弘章ジャンケンして勝った方が20を狙う、負けた方が19を狙う、それでただ打ち合うっ!今考えると何してたんだろうなって思います。(笑)

くるす(爆笑)

くるす:もうサーフィンはされていないんですか?

堀弘章:怪我も多いですし、今はお休みですね。スポンサードして頂いているのに、自分の趣味で怪我してダーツができませんじゃ、広告塔としてなりたちませんから、自粛してます。

堀弘章プロ

 

くるす:マイダーツはいつ購入されたんですか?

堀弘章:投げる様になってから半年後位でしょうか?イマイチ覚えてません。(笑)

くるす:投げる様になった時っていつ頃か覚えてます?

堀弘章:波待ちの時でダーツにもならないダーツをしていた時です。

くるす:当初投げ始めた頃ってダーツは上手かったですか?

堀弘章:全然です。僕の地元の松本ってところはD-1が主で、レーティングが出なかったため、レーティングに拘りとかは無かったです。でも、ゲームのメニューに上手い人達がするクイックってゲームがあったんですね。701が7ラウンド、クリケットが10ラウンドで200円だったので、投げ放題が無かった上に通常だと400円もするので当時は安かったです。まぁ僕らがクイックをやると上がれないんですが。

くるす:確かに701の7ラウンドは初心者にはかなりきびしいですね。

堀弘章:ダーツが上手くなるまではクイックでやるなと、上手い人達に怒られました。(笑)

 

ストイックな日々の練習。プロを目指すことになったきっかけ

くるす:プロになろうと思ったきっかけってありますか?

堀弘章:友人がプロになり、プロがある!?と知って目指しました。

くるす:友人と言う名のライバル的な存在ってやつですかね?

堀弘章:そうですね、今も地元からJAPANに出ていますね。

くるす:今も一緒に投げたり?

堀弘章:会えば投げますが、僕が地元を離れてしまっているので。

堀弘章プロ

 

くるす:プロを目指す上でどういった練習を行いました?

堀弘章:地元にあった、ダーツの虎の穴(厳しい訓練を課す場)みたいなダーツバーに連れて行ってもらい、色々教わったり、練習をみてもらいました。

くるす:メンターというか、プロというか、師匠的な人ができたり?

堀弘章:環境が良かったというか、プロの方が何人かいたので、色々見てもらっていましたね。あとはオーナーがDARTS BAKAで...

くるす:プロになるまでどの位の期間がかかりました?

堀弘章僕は上手くなる!と決めてから1年間ずっとダーツバーに通って投げ込んで1年で取得することができました。

くるす:毎日投げていたんですか?1年間も?(笑)

堀弘章:結構凝り性でハマったらどっぷりです。元々柔道をしていて、同期だったオリンピック金メダリストの彼らと一緒に練習をしてオリンピックを目指していたりもしたんですけど、怪我とかもあり、見切りを付けて引退したんですね。そこからダーツに出会った時に柔道に近いものを感じ、また夢中になれるスポーツに出会えた!これだ!って思いました。

 

堀弘章プロがJAPANプロになったその後の心境や現在について

くるす:プロになってから何かしらの変化ってありました?

堀弘章:プロとは何か?を考える様になりました。

くるす:プロとは...現状で答えは出ましたか?

堀弘章:プロになる前は『プロになりたい』、プロになってからは『スタートラインに立ってしまった』と思いました。結果として今だに答えはわかりませんが、プロになりたての頃は『自分だけがいちプロとしてこう振舞えばいい』っていったことを考えていましたが、最近は自分だけではなく『後輩のプロや、周りのプロもこうしてあげれば良いんじゃないか』と思うようになりました。より視野が広がった気がします。

くるす:こういったことをしてあげたいって気持ちが高くなってきたんですね。

堀弘章:僕に沢山の事を教えてくれた先輩のアドバイスを、今度は僕がして行く立場になってきたんです。ただ試合に出て勝つだけではなく、業界に貢献しつつ、自身のファンもつくり、ダーツ業界に居続けるためのアドバイスがやっとできるようになったと思います。

堀弘章プロ

 

くるす:今現在で感じている課題とかあったりしますか?

堀弘章:結果を残せていないので、結果に拘っていかないといけないのかなって思っています。

くるす:その結果に対してこれが必要だなって思うことってありますか?

堀弘章:練習と経験だと思います。

 

くるす:良く行くダーツバーはどこですか?

堀弘章:現在は東京にある、べろ〜家亀有店勤務ですが、以前は北千住ALBAです。

くるす:従業員として勤務されている感じですね?

堀弘章:店長として勤務しています。

くるす:店長さん!!!失礼しました!週はどのくらいいらっしゃいますか?

堀弘章:基本的に試合が無ければ毎日います。

くるす:一緒に投げたりすることもできるんですか?

堀弘章もう全然一緒に!!!!

くるす投げにいきますっ!!!!

堀弘章プロ

 

くるす:現在のセッティングにこだわりってあったりします?

堀弘章:今はストレートバレルが好きで使っています。

くるす:最近、僕もストレートバレルにしようかと思っています...。堀プロのおすすめ練習法があれば教えていただけますか?

堀弘章:ざっくりカウントアップなんですけど、1000点を3回出さないと帰れないっていうのはやっていました。また、アンダーも決めてそれを失敗すると翌日に持ち越しになります。なので次の日に4回1000点を出すといった具合です。

くるす:1000点が出ていない僕には鬼のようなハードルです。。。

堀弘章:カウントアップ馬鹿なので、お店で働いている時に上手くなりたいと来てくれるお客さんと一緒にしこたまカウントアップしていました。メドレーやってくれないみたいな!(笑)

くるす(無言でメドレーにしてみよう。)

堀弘章プロ

 

堀弘章プロが語る、ダーツへの想い

くるす:ダーツが楽しいって思う時ってどんな時でしょうか?

堀弘章:勿論思い通りにいった時ですが、最近は上手くいかない時も含めて全部楽しいです。

くるす:ダーツの何が堀プロをそこまで夢中にさせているんですかね?

堀弘章:質問が難しくないっすか。(笑)

くるす:すみません。(笑)

堀弘章スポーツとして考えた時に、頑張った分だけちゃんと結果として残ることですかね。また、たかが2メートル位の空間でも結構難しいのがダーツなので、それが夢中にさせていると思います。

堀弘章プロ

くるす:それは僕も分かる気がします。Aフラで止まっていますが。。。

 

くるす:ダーツの最大の魅力はなんですか?

堀弘章:ダーツと言うツール1つで、知らない土地の人とも繋がれる所だと思います。

くるす:そういった機会があったんですか?

堀弘章:勿論現代はSNSとかインターネットが発展して色々な方と連絡を取り合えるようになったんですけど、海外に行った時にダーツを持って行ったことがあり、言葉が通じなくても仲良くなれたり、日本に来た時は連絡してくれたこともありました。

くるす:連絡が来るってすこぶる嬉しいですね!今後の目標ってありますか?

堀弘章:まずは16入賞から一歩ずつ行きたいです。

くるす:応援しています!!!最後となりますが、darts meeee!!!!の読者やファンの方に一言だけお願いいたします。

堀弘章:色々な方に支えられ、縁があって沢山の方々に応援して頂いてます。僕ができる恩返しというのが結果を出す事かどうかはまだ答えが出ていませんが、先ずは結果を残すことを目指して頑張りますのでこれからも応援よろしくお願いします!

くるす:ありがとうございました!

 

堀弘章プロ

FaceBook

 

スポンサー等(順不同)

L-style

DARTS HiVe

べろー家 亀有

 

JAPAN所属の堀弘章プロ写真ギャラリー

JAPAN所属の堀弘章プロスロー動画

8+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。