【ダーツ×野球】元プロ野球手がダーツプレイヤーに転身していた!

ダーツ×野球

皆様、こんにちは!ハナザワです。
カウントアップですが500点超えません、ハイボールものんでません。相変わらずです。
よって記事が書けません!

だから暇を見つけてはこういったダーツ関連の記事をネットサーフィンしてます。
さて前回はサッカー元オランダ代表のファンデルファールトを紹介したわけですよ!
まさかダーツプレイヤーになってるとは主ませんでした。

【ダーツ×サッカー】あの有名サッカー選手がダーツプレイヤーに転身していた!

今回はこの転身シリーズの第二弾です。そう、

ダーツ×野球

で調べてみました。

サッカーもいるなら野球もいるだろうと思い調べてみました!
いましたいました。

まず一人目は

近鉄ドラフト5位元プロ野球選手「宇都格」選手!

1984年5月20日、鹿児島県いちき串木野市出身。川内高時代から190センチの長身右腕として活躍し、2年秋県大会で準優勝。2003年ドラフト5位で近鉄に入団。05年に選手分配ドラフトでオリックスへ移籍したが、同年引退。飲食店勤務などを経てプロソフトダーツプレーヤーに転身。09年のプロトーナメント「PERFECT」デビュー戦で優勝。現在は「JAPAN」に所属。

出典:https://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20120425/bbl1204250717001-n1.htm

残念ながらYoutubeには現役時代の映像はありませんでした。

飲ん兵衛 GLOBE
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13098974/

現在はこちらのお店にいるみたいですよ!

二人目は、

元読売ジャイアンツ投手「杉山晃紀」選手!

綾部市立中筋小学校2年時に、地元の中筋ジャガーズで野球を始める。最初は内野手で、後に捕手に転向。
綾部市立綾部中学校では、ボーイズリーグの綾部パワーズに入団。2年時に外野手から投手に転向。
綾部高では、1年秋から右翼手兼控え投手。2年春から投手に専念し、秋からはエースとして活躍した。3年夏は、京都府予選の初戦で洛星高に敗退。甲子園出場経験は無し。
2008年10月30日、プロ野球ドラフト会議において読売ジャイアンツから育成ドラフト1巡目で指名され、11月18日に支度金200万円、年俸240万円で仮契約。綾部高校からは、初のプロ野球選手となった。
入団から3年間、イースタン・リーグでも1試合も登板することがなかった。2010年11月には腰部の骨嚢腫が見つかり手術を受ける[1]。翌2011年5月に復帰するが、同年10月22日に球団から戦力外通告を受けた[2]。
2012年からは、インテリアデザインの専門学校に通いながら、プロのダーツ選手を目指し、11月にプロに合格。
2013年1月から芸能事務所のウルトラマリンに所属し、俳優に転向した。[要出典] 2017年現在は東京・赤坂のダーツバーに勤務しながらプロダーツ選手として活動している。2016年PERFECTランキングで96位[1]。出典:wikipedia]

元巨人軍の杉山選手!育成ドラフトから指名された選手ですね。杉山選手はTwitterを発見!

ちなみにインタビューもみつけました。

元G戦士・杉山氏は今…プロダーツ選手転身で奮闘中

https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/08/25/0010492161.shtml

ハナザワは人の人生が好きなんですよ。。。。キャバクラでなんでこの店で働いているの?って聞くタイプです。(うざい)

いつかこういう転身をしてきた人のインタビューをしたいなぁ。
なんでダーツにいったのか?どういう思いだったのか?
聞いてみたいですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。