【グリップ】ダーツの握りこみを意識的に改善した時のポイント。

【グリップ】ダーツの握りこみを意識的に改善した時のポイント。

バイクはオートマよりマニュアル派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

グリップの際にダーツを握りこんでしまっている人っていらっしゃいませんか?

先に言っておきます。

個人的には、握りこむことは特段悪いことではないのかと思っています。

色々調べていると、世界で活躍されているプレイヤーの中でも握りこんでいる人達はいらっしゃいました。(僕もでした)

人それぞれ身体の作りは違うように、投げ方も人それぞれ適正というものがあるのではないかと思っています。

なのでダーツを握りこむことを否定はしません!

 

ただし!!!

僕が以前伸び悩んでる時、ダーツの握りを意識的に改善することによって、一つ壁を突破した経験があります。

 

とある昔話です。

ダーツが大変お上手な人に僕の投げている様子を見てもらいました。

ダーツお上手さん:くるす君ってテイクバック時にダーツを握りこんでるよね。ダーツの矢角が下を向いてる時あるけど気が付いてる?

くるす:えっっっ!?!?!?

 

これ、驚くことに言われるまで自覚がなかったんです。

自覚がないことを指摘されると結構衝撃ですよ。(笑)

 

そこで僕が意識的に改善を試みたポイントを紹介したいと思います。

 

生卵を持つことを意識

握りこんだ手は次の動作が行われます。

ダーツ握りこみ

矢角が下がっているのがわかりますよね。

そして、手の腹に生卵がのっていたらどうなるでしょう?

 

パシャッ!!!!!!!

 

そうです!生卵が割れてしまいます!(イメージ的に!)

手はドロドロになってしまいます。(イメージ的に!!!)

 

つまりやることは簡単です。

グリップ時には生卵を手の腹にのせるイメージをして、その生卵を割らないようにする!

僕はこの方法で意識的に「ダーツの握りこみ」を改善させることができました。

 

まとめ

前述したとおりではありますが、握りこむことを否定はしません。

肯定もしません。

どっちでもいいです!(笑)

ただ、、、もしも、、、

ダーツの握りこみが気になっている人がいたら参考にしてみてください。

また、ダーツの握りこみに気がついていない可能性もあるので、伸び悩んでいる人は自分のフォーム等をきっちり分析してみるといいかもしれませんね。

 

矢角についてご紹介している記事があるので、こちらも参考にしてください。

【ダーツの投げ方】ダーツの軌道が矢角で決まる!?投げ始めの矢角が大切!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。