【ダーツ】ハウストーナメントで初めての体験「ダブルイリミネーション」とは?

【ダーツ】ハウストーナメントで初めての体験「ダブルイリミネーション」とは?

みなさんこんにちは。

darts meeee!!!!編集部サユリです。

 

突然ですが、みなさんは「ダブルイリミネーション」ってご存知ですか?
※エリミネーションとも言う

私は今まで知らなかったのですが、先日初めてダブルイリミネーション方式を採用したハウストーナメントに参加しました。

 

これまでいくつかのハウストーナメントに参加してきましたが、初めての体験だったのでみなさんにお伝えしたいと思います!

 

ダーツのハウストーナメントで初体験、ダブルイリミネーションとは?

ダブルイリミネーションとは、トーナメント方式の一種です。

 

ダーツのビッグトーナメントやハウストーナメントで一般的に採用されているのはおそらく「予選ラウンドロビン→決勝トーナメント」方式ではないでしょうか?

ここで言う”決勝トーナメント”は「シングルイリミネーション」といい、勝負に負けたチームはその時点で脱落、勝者同士が対戦を繰り返して最終的な勝者を決定する方式です。

 

では「ダブルイリミネーション」とはどういったものかを説明していきます。

ダブルイリミネーションとは、シングルイリミネーションと異なり、2敗した時点で脱落となるトーナメント方式です。

 

ダブルイリミネーションは”勝者”と”敗者”に分かれたシングルイリミネーション

シングルイリミネーション(勝者サイド)を行う一方で、それに1敗した者同士でシングルイリミネーション(敗者サイド)を行います。

それぞれのトーナメントの勝者で決勝戦を行います。

完全なダブルイリミネーションの場合、決勝戦で勝者サイドが負けた場合は決勝の再戦を行います。

しかし、決勝戦を行わず勝者サイドを1位、敗者サイドを2位とする場合もあります。

ダブルイリミネーション方式

 

参照:ダブルイリミネーション方式

ダブルイリミネーション方式を体験してみた感想

一般的なハウストーナメントでは予選ラウンドロビンがあり、その後決勝トーナメントが行われると思います。(私が今まで参加したのはそうだった。)

参加者が多いハウストーナメントでは予選ロビンで敗退し決勝トーナメントに進めなくても、結果がわかるまでに時間がかかる印象があります。

ダブルイリミネーション方式では、シンプルに”2回負けたら終わり”と非常にわかりやすいのがメリットではないかと感じました!

しかし、1度でも負けてしまうと敗者サイドにまわるので優勝するのには勝者サイドよりも多くの対戦と勝利を重ねなければなりません。

それはちょっとツライ…笑

 

普段同じ形式でハウストーナメントに参加していたこともあり、非常に新鮮で楽しかったです!

 

ちなみに結果はしっかり負けて帰りました!

ハウストーナメントでいい結果を出せた思い出がまだ1つもないので、いつか絶対優勝したいなと密かに闘志を燃やしております。(メラメラ)

 

ハウストーナメントだけでなく、ホームショップなどでミニハウストーナメントなるものをやってみても面白そうですよね!

【ダーツ遊び方】ダーツバーの楽しみ方 ミニハウト編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。