【ダーツのルール】HALF-IT(ハーフイット)をやってみよう!【ダーツライブ】

【ダーツのルール】HALF-IT(ハーフイット)をやってみよう!【ダーツライブ】

枕は固めより柔らかめ派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

ダーツライブでダーツの練習を行う際はどんなゲームをされていますか?

また、複数人でダーツをされる際はどんなゲームをされますか?

ダーツライブ2ではレーティング(カード挿入時の成績)に反映が行われない「PRACTICE(プラクティス)」モードが存在します。

今回は「PRACTICE(プラクティス)」モードの「HALF-IT(ハーフイット)」というゲームについて紹介したいと思います。

 

ハーフイットのルール

ハーフイットは1ラウンドに3投のダーツを指定されたナンバーに投げ、点数を加点していくゲームです。

初回は40点の持ち点から始まり、ターゲットナンバーにダーツが入る度、ターゲットナンバー分の加点がされます。

ダブルに入った場合は「ターゲットナンバー×2」の加点、トリプルの場合は「ターゲットナンバー×3」の加点となります。

ラウンド内の3投で、ターゲットナンバーに1投も入らなかった場合は持ち点が半分に減点されます。

また、ターゲットナンバーは各ラウンド毎に変わり、以下のようになっています。

1ラウンド:15ナンバー

2ラウンド:16ナンバー

3ラウンド:ダブル(ナンバーはどれでもOK)

4ラウンド:17ナンバー

5ラウンド:18ナンバー

6ラウンド:トリプル(ナンバーはどれでもOK)

7ラウンド:19ナンバー

8ラウンド:20ナンバー

9ラウンド:ブル(アウトブル・インナーブルどちらでもOK)

プレイ人数は1〜4人で遊ぶことが可能です。

最終ラウンドが終了した際に、最も得点が高いプレイヤーが勝利になります。

 

もしも、ターゲットナンバーを外してしまうと・・・

もしも、ラウンド内の3投で、ターゲットナンバーに1投も入らなかった場合は「ハーフイット」と呼ばれる減点が発生します。

ハーフイット

「ハーフイット」になってしまうと、持ち点が半分になります。

ゲームの設定

ハーフイットで遊ぶための操作を説明します。

 

「CHANGE」ボタンを長押しでメインメニューに移動します。

メニュー画面

 

メインメニューから「CHANGE」ボタンでカーソルを「PRACTICE」に移動し「P1〜P4」のいずれかのボタンを押します。

メインメニュー

 

PRACTICEメニューから「CHANGE」ボタンでカーソルを「HALF-IT」に移動し、プレイ人数に応じて「P1〜P4」ボタンを押します。

PRACTICEメニュー

 

上記の操作でHALF-ITのゲームが開始されます。

ハーフイットのコツ

ハーフイットではラウンド内に1投でもターゲットナンバーに入れば減点が発生しません。

初心者の場合はエリアが一番広い、シングルのエリアを狙ってみましょう!

シングルエリア

ある程度、腕に自信がついてきたら、トリプルのエリアを積極的に狙ってみてください!

 

実際にハーフイットをやってみた!

実際にハーフイットに挑戦したいと思います!

少しばかりですが腕には自信があるので積極的にトリプルを狙って、高得点を目指したいと思います!

実践開始!!!

ゲーム画面

 

途中経過です…やばい…

ゲーム画面途中経過

 

結果がこちら。

最終結果

出直します!(笑)

 

まとめ

ハーフイットはプラクティスのカテゴリーに属しますが、複数人で遊んでも盛り上がるゲームとなっています。

皆さんも是非「HALF-IT(ハーフイット」を遊ばれてはいかがでしょうか?

 

【負けたら奢り】HALF-ITで真剣勝負してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。