【ダーツ用品】ダーツフライトの種類を紹介!

【ダーツ用品】ダーツフライトの種類を紹介!

味噌より醤油派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

皆さんフライト(羽)を選ぶときって何を重視していますか?

僕の場合は色を一番重視していて、見た目から入るタイプです!(笑)

カッコイイ、カワイイ等を追求して自分だけのオリジナルのマイダーツをカスタムしたりするのもダーツの醍醐味ですよね!

また、色以外にもダーツのフライトには様々な形状が存在します。

形状が異なるのでデザインはもちろん、ダーツの飛び方にも影響してきます。

そこで、今回はフライトの種類についてご紹介したいと思います。

目次

スタンダードフライト

フライトの面積が広いのが特徴です。

空気抵抗を大きく受けることにより、綺麗な放物線を描いてダーツが飛んでくれます。

初心者〜上級者の層まで幅広く利用され、とてもバランスが良いフライトになります。

ハウスダーツに利用されいてるフライトもこの形状かな?

 

シェイプフライト

スタンダードの形状より、若干ながら面積が狭いです。

僕もこの形状のフライト利用していますが、バランスが良いフライトと思います。

スタンダードより、直線的に飛ばしたいと考えている人にオススメです!

 

ロケットフライト

スタンダードの形状に比べ、更に面積が狭いです。

適度な空気抵抗はあるものの、より直線的に飛ばすことができます。

ある程度の弧を描いて飛ばしつつ、スピードも落としたくないって人にオススメです!

【参考記事】

【ロケットフライト】どれくらい変わる!?ダーツフライトを変えてみた!

 

ティアドロップフライト

THE 卵!!!!

曲線的な形状が特徴です。

スタンダードに比べ面積は狭くなっており、細身なのでスピードは出やすいです。

鋭い飛びと一定の浮力を兼ね揃えている形状と思います!

 

カイトフライト

スタンダードに比べ、下部が絞られた形状をしています。

そのため、スタンダードより飛行安定性を犠牲にしていますが、代わりにスピードを得ることができます。

スタンダードを使用してて、スピードの落ちが気になる方にオススメです。

 

スリムフライト

名前の通りスリム!!!!!

面積が狭く、空気抵抗が少ない!

飛行安定性に欠けますが、直線的でダーツのスピードを保つことができます。

中〜上級者で使われている方を見かけますが、コントロール技術がより必要になると思います。

ダーツを真っ直ぐ飛ばすことに慣れていない初心者にはあまりオススメできません。

【参考記事】

【ダーツフライト】難しかった。スリムフライトを使って感じたこと。

 

ブレットフライト

スリムに比べ、より面積が狭く、軌道修正が難しいです。

減速が無いため、直線にダーツを飛ばせます。

グルーピング時に弾かれることも減るため、狙った場所へのシュート力は頭一つ出るフライトです。

 

まとめ

おおよそこれらがメジャーなフライトの種類になりますが、実はこの他にも変わった形状のフライトがあるとかないとか・・・

僕的には色々な形状のフライトを試して、自分に合った形状のフライトを探すのをオススメします!

”試す”こともまた、ダーツの醍醐味ではないでしょうか。

 

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。