【ダーツの投げ方編】基本的な4つの動作でダーツを投げる!基本をマスターしよう!

【ダーツの投げ方編】4つの動作でダーツを投げてみる!

ショートケーキよりチョコレートケーキ派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

ダーツを始めた頃って何が正しい投げ方か、どんな投げ方があるのか、上手い人はどんな投げ方をしているのか、気になりますよね?

ダーツが設置されている店舗に足を運んでは、上手い人の投げ方を横目で拝見したり、プロが投げている動画を見たり、インターネットで調べたりする方も多いのではないでしょうか。

今回は”基本的なダーツを投げる4つの動作”を知り、上達の手助けになれれば幸いと思います!

基本は大事です!

それでは早速紹介していきたいと思います!

 

目次

ダーツを投げる動作

ダーツを投げる動作のことをスローイングといいます。

野球やサッカー砲丸投げなどの競技でも耳にしたことがあるかと思います。

そして、ダーツの投げ方は「セットアップ」、「テイクバック」、「リリース」、「フォロースルー」と4つの動作で構成されているのです。

 

セットアップ

ダーツをターゲットに向かって構える動作をセットアップといいます。

ダーツボードに対して、顔を正面に向け、両目でしっかり狙いましょう。

また、特に大切なポイントで、狙っている場所に対してダーツ一直線上にあることを意識してセットアップしましょう。

【初心者向け】4つの動作でダーツを投げてみる!

 

 

テイクバック

ダーツを自身に引き寄せる動作をテイクバックといいます。

肘を中心として腕を倒します。弧を描くようなイメージです。

注意として、テイクバック時に腕に力が入らないようにしましょう。

【初心者向け】4つの動作でダーツを投げてみる!

 

 

リリース

ダーツを投げ放つ動作をリリースといいます。

肘を動かさずに紙飛行機を飛ばすイメージで投げるといいでしょう。

また、ダーツをリリースするポイントを意識し、ダーツが山なりで飛んで行くことをイメージしましょう。

【初心者向け】4つの動作でダーツを投げてみる!

 

 

フォロースルー

ダーツを投げ放った後、腕を伸ばす動作をフォロースルーといいます。

狙っていた場所に対してしっかりと手を伸ばすイメージをしましょう。

【初心者向け】4つの動作でダーツを投げてみる!

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

これらを少し意識するだけで、上達スピードが何十倍にも上がるかもしれません!

基礎をしっかりと固め、再現性を高め、楽しいダーツライフになればと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。