【初心者向け】遊んで楽しいBIG BULL

【初心者向け】ダーツゲームBIG BULL(ビックブル)遊び方やゲームの設定方法

みなさんこんにちは!

darts meeee!!!!編集部サユリです。

 

先日ダーツ初心者の友人を行きつけのダーツバーに連れて行きました。

もちろん友人は初心者なのでマイダーツはもちろん、ほとんどダーツを投げたことがありません。

 

始めはカウントアップをやっていたのですが、友人からこんな言葉が・・・

サユリばかり真ん中に入ってずるい

 

・・・確かに。

友人からすごいと褒められ楽しんでいたのは私だけだったんです。ダーツの楽しさを知ってほしくて連れてきた友人が”楽しい”と感じることができないで帰ってしまっては本末転倒だと思いました。

 

初心者がやって楽しく、それでいてダーツの楽しさを味わえるものは何だろう?

パーティーゲームも楽しいけれど、戦う楽しさだったりBULLに入る嬉しさを体感してほしい。

そういった感覚を味わえるゲームは何だろうと考えた時に思いついたのが「BIG BULL(ビッグブル)」でした。

 

BIG BULL(ビッグブル)はBULLに入らなくても楽しめる初心者向けのゲーム

BIG BULLはカウントアップや01ゲームと得点エリアが異なり、BULLと同等の50点が獲得できるエリアが大きく設定されています。

50点のエリアに入ると、BULLに入った時と同じ効果音が流れ初心者でもBULLに入った時と同じような感覚で楽しめるゲームです。

パーティーゲームの1種でもあるので大人数で遊んでも、実力差が大きく出ずらいのが特徴です。

 

BIG BULL(ビッグブル)の遊び方・ルール説明

名前の通り、盤面に対しBULLが大きくなったイメージでBULLエリアを狙います。

1ゲーム8ラウンドで得点を競うゲームです。

パーティーゲームの一種で、2名〜ゲームを遊ぶことができます。

 

01やカウントアップよりも得点に対しシビアではなく、けれどヤムヤムなどのドリンクマッチゲームよりも対戦に近い感覚でゲームができます。基本的に得点を競うのは変わりありませんが、得点の配分が01やカウントアップと異なります。

 

どのような得点配分になっているか見ていきましょう。

得点が50点のエリア

  • 内側のシングルエリア
  • アウターブル

ビッグブル得点エリア

 

得点が50点以外のエリア

  • ダブルのエリア
  • トリプルのエリア
  • 外側のシングルエリア

得点が50点以外のエリアは盤面通りの得点になります。

例えば、4のダブルに入ってしまったら8、14の外側のシングルに入ってしまったら14となります。

ビッグブル得点エリア

 

BIG BULLの最高得点!70点のエリア

  • インナーブル

ビッグブル得点エリア

 

BIG BULL(ビッグブル)の得点のコツ

ビッグブルでどうやったら高得点を狙えるか?得点のコツを紹介していきます!

まず、ビッグブルは50点のエリアが大きいですね。

まずはその50点のエリアを”はずさない”ことが重要となってきます。

ビッグブル得点エリア

 

初心者の方がいきなり小さなBULLに狙って入れるのは難しい話。

しかし、BULLが大きくなったビッグブルであれば3本50点のエリアに入れる確率がぐんと上がります!

いかに50点エリアにきちんとダーツを入れることができるかが、得点できる鍵となります。

 

BULLを狙えるようになってくると、次は入れば70点のインナーブルにどれだけ入れることができるかが得点の鍵となります。

が、それはとっても難しいことなので、まずは50点エリアをはずさないように意識しながらダーツを投げてみることをおすすめします。

 

BIG BULL(ビッグブル)のゲーム設定方法

ビッグブルのゲーム設定方法をご紹介します。

①盤面下にある赤色の「CHANGE」ボタンと黄色の「P4」ボタンを同時に押します。

②セレクトが「BIG BULL」になるまで赤色の「CHANGE」のボタンを押します。

③「BIG BULL」をセレクトしている状態で、プレイ人数に応じた黄色の「P」ボタンを押します。

例)3人でプレイする場合、「P3」を押す

④プレイ開始です!

 

BIG BULL(ビッグブル)を遊んでみて

私も初心者の友人と一緒にビッグブルを楽しみました!

初心者の友人が50点エリアに3本続けて入れることができると、「ナイスー!!」と盛り上がります。

 

カウントアップではたった2点しかとれない場所でも、ビッグブルなら50点になる!

内側のシングルエリアに3本入れることができれば、「ナイスハットー!」と声をかけることができるのでレベル差があっても同じような感覚で2人でゲームを楽しむことができました。

そればビッグブルの最大の魅力と言ってもいいのではないでしょうか。

 

ダーツをたくさん遊んで友人と別れた後にこんなメッセージが・・・

 

ダーツ楽しかった!またやりたい!

 

私、震えるほど感動しました!(あのままカウントアップをやり続けなくて本当によかった。)

ほんの少しでもダーツが楽しいと感じてもらえたのってすごく嬉しくなりませんか?

こうしてダーツの楽しさを少しずつでも広げていけたらいいなと思うので、ぜひみなさんも初心者の方と一緒にダーツをする際はビッグブルをやってみてください!

 

他にも初心者の人でもダーツを楽しめるコンテンツはたくさんあります。

こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。