【TSUWAMONO × darts meeee!!!!コラボイベント】村松治樹選手・松本嵐選手・YouTuber菊池山口さん豪華ゲストによるリアルタイムトークショー

【TSUWAMONO × darts meeee!!!!コラボイベント】村松治樹選手・松本嵐選手・YouTuber菊池山口さん豪華ゲストによるリアルタイムトークショー

みなさんこんにちは!

darts meeee!!!!編集部サユリです。

 

darts meeee!!!!がなんと!!!!

先日おこなわれた「TSUWAMONO 2019 幕張」でトークショーをさせていただきました!!!!

 

…すごい!!!!

とても感慨深いです。ありがてぇ話だ。

 

そして、トークショーには豪華すぎるゲストがお越しくださいました。

 

どん!

 

村松治樹選手

松本嵐選手

YouTuber菊池山口さん

 

本当に豪華。

 

トークショーでは当日会場にいらした皆さまからリアルタイムで質問を募集し、答えていただくという初の試みをおこないました。

回答していただいたゲストの皆さま、そして参加してくださった皆さま、本当にありがとうございます。

この場を借りて改めてお礼申し上げます!!

 

そして、当日参加できなかった皆さま、そしてトークショーを聞けなかった参加者の皆さまへトークショーの内容を公開します!

 

TSUWAMONO 2019 幕張 コラボイベント リアルタイムトークショーの内容

菊池さん:トッププロ選手ならではの質問がきてます。

『ここ1番の場面で心がけていることは何ですか?』

村松治樹選手:そうですね。目立とうとしていたことですかね。

菊池山口さん:目立つ…

村松治樹選手:派手なことをやってやろうっていうのは、ずっと思って…大会ではできてないですけど。笑

山口さん:いやいやいや!!

菊池さん:ここ1番のときは緊張したりする…あるのかわか…わかんないですけど、そこで逆に目立ってやろうって?

村松治樹選手:そうですね。今までやんないことをやって、「おぉ〜」って思わせたいなって思っ

(会場アナウンス)……

松本嵐選手:僕もそうですね!

一同:笑

松本嵐選手:結局そういう場面ってみんな注目してると思うんですよ。なんとなくで見てても、大事な場面って注目してると思うんですよね。そこで決めた”こういう感じになる”っていう成功するイメージをもってトライするようにはしていますね。

山口さん:参考になりますね。急に人が…たくさんきましたね。

菊池さん:みんな聞きたいですからね!

『山口さんは何で急に太っちゃったの?』

山口さん:この質問すごい目立つんですけど。俺がなぜ太ったかっていうのはこう〜

菊池さん:これはあの〜、僕らはYouTube2年前に始めたんですけれど、その頃よりはるかに太っちゃって。

山口さん:15〜20kgくらい違いますね。

松本嵐選手:そんなに!?

山口さん:はい。昔の写真見せても気づかれないです。誰?みたいな。その理由はまぁ…ダーツやってお酒飲む機会が増えたっていうのもあって、リーグとかたくさん出たりっていうのと、大学卒業して運動する機会が0になったっていうところが1番大きいかなと思います。

菊池さん:えっ。じゃあダーツのせいで太ったって?

山口さん:いやいや、大学卒業したせい!

一同:笑

山口さん:大学卒業したせい!(2回目)

菊池さん:お二人(村松選手、松本選手)はずっとキープしてらっしゃいますよね。

山口さん:シュッとしてる。

村松治樹選手:いや、僕太ってきましたね。

山口さん:えぇっ!?

菊池山口さん:全然。

松本嵐選手:太ったの?

村松治樹選手:太ってきた。ま、階級を上げたっていう。

山口さん:一撃が強くなりますね。笑

『どっちが山地でどっちが菊口ですか?』

松本嵐選手:テレコになってるじゃないですか。笑

山口さん:きくぐち…きくぐちって。

『上下にターゲットが変わったときに立ち位置や体の向きを変えたりしてますか?』

山口さん:人によるところだと思うんで、お二人にお聞きしてみたいと思います。

松本嵐選手:村松選手は?

村松治樹選手:上下で立ち位置が変わることはない。(マイク遠)

松本嵐選手:(村松治樹選手のマイクを口元まで誘導)

村松治樹選手:上下で立ち位置が変わることはございません。体の向きは変わりますけどね。(上下に向きを変える)

松本嵐選手:立ち位置は変えないですね。

菊池さん:左右は?

松本嵐選手:左右は、僕は腰の回転で。邪魔にならない限りは変えないですね。

村松治樹選手:えっ。こう。(腰を回しながら腕を振る動き)こうですね。

村松治樹選手

松本嵐選手:そうじゃない!!!笑

村松治樹選手:16トリプルは、あ。こうっ!15トリプルが、こうっ!

村松治樹選手に注目

松本嵐選手:(笑)違う…

『試合前のルーティンはありますか?』

菊池さん:あります?

村松治樹選手:試合前って前日とかですか?

菊池さん:特に指定とかはないので、前日でも直前でもやることがあればお聞きしたいです。

村松治樹選手:僕は、特別なことをやらないことがルーティンみたいな。毎回決まったことをやって試合に臨むってなったら、世界や日本の各地に行っちゃうので、やりたいことができない可能性もあるんで。やりたいことができなかった時に、すごい焦っちゃう可能性があるんで、特に特別なことを設けないです。

菊池さん:グッドアイディア。

松本嵐選手:…僕も一緒です。

一同:笑

菊池さん:ちょっと待って。ちゃんと言う気あります!?笑

松本嵐選手:なんとなく、似てるんで。(村松治樹選手と松本嵐選手)

菊池さん:そもそも似ている?

松本嵐選手:ま、大雑把というか、細かいことを気にしなかったり、逆に「えっ?そんなとこ気にすんの?」みたいなところが一緒だったりするんですよ。なのでちょっと、キャスティング間違えましたね。

山口さん:いやいやいやいや!

松本嵐選手:もっと面白い質問ありますかね?

山口さん:4歳、4歳の子が

『僕は4歳です。どうやったらダーツが上手くなりますか?村松選手大好き。』

村松治樹選手:ありが…

松本嵐選手:じゃあ僕が答えます。

村松治樹選手:とう。

菊池さん:どうやったら、ダーツが上手くなりますか。

村松治樹選手:はい。もう…数だと思います。ダーツは。

菊池さん:投げた数ですか。

村松治樹選手:ダーツに関しては、色々考えてフォームを気にして投げるのもまぁいいと思うんですけど、結局、数だと思うんで。いっぱい投げれば問題なく上手になると思います。

質問をくれた男の子:ありがとー!

村松治樹選手:これから背も大っきくなってどんどん投げやすくなると思うからね。今が1番投げづらい時期だと思うんで。

山口さん:僕9歳くらいからダーツ始めたんですけど、BULLより身長も全然小さくて、野球投げみたいなフォームだったんです。高校生になったらBULLより身長も大きくなるからそのままで大丈夫だって言われてたのに、結局BULLより身長超えませんでした。

村松治樹選手:僕らもね、BULLより身長低いですよね。

松本嵐選手:はい。BULLの高さは173cmですからね。

『菊池さんはいつプロになるんですか?』

菊池さん:僕今、レーティング6なんですけれど、もう2年もやってるんですけど…

山口さん:最近コメント欄がそればっかりなんですよ。こいついつまで経っても上手くなんねぇなみたいな。投げてないんでね、しょうがないですけど。

菊池さん:プロの方とか見てると、やっぱ憧れが強いんですけど、勝負所とか緊張するだろうなと。趣味でありたいなと。

山口さん:要は勝負所から逃げたいと。

菊池さん:ま、そうですね。勝負所から逃げたい。

一同:笑

村松治樹選手:逃げたい。笑

菊池さん:目立とうと思いたくない!

山口さん:それも1つかもしれないですね。

『初心者はとりあえずBULLを狙う練習でいいんですか?』

山口さん:これはちょっと気になりますね。

村松治樹選手:そうですね。BULL狙っていいと思いますし、BULLじゃなきゃダメってこともないんで好きなところを狙っていいと思います。

山口さん:松本選手は?

松本嵐選手:(頷く)……

村松治樹選手:…同じでしょ?

一同:笑

松本嵐選手:いや、同じだよ!笑

村松治樹選手:同じなの?笑

松本嵐選手:ま、BULLっていうのはあくまでゲームとしてね、狙う場所なんで。結局3シングルでも6シングルでも一緒のことをしてるだけなんですけど、試合に対して練習と同じことをしないとっていうことで基本がBULLですね。

菊池さん:お二人から話きくと、すごい深いなって思います。

『ダーツをしている中で1番テンションが上がったこと』

村松治樹選手:それは、あれですね。2018 SUPER DARTS の決勝のラストのBULLがやっぱ1番テンション上がりましたね。

山口さん:僕ら、SUPER DARTSのチケット買ってたんですけど、ありがたいことにパブリックビューイングのお仕事いただいて生で優勝する瞬間観れませんでした。

松本嵐選手:逆に?笑

山口さん:どっちも楽しかったけど!みたいな感じでした。

菊池さん:松本選手は?

松本嵐選手:自分がダーツしてるときもテンション上がりますけど、毎日お店で練習してるお客さんが優勝した瞬間なんていうのは、僕も一緒になってテンション上がって喜びましたね!(村松選手を見ながら)自分のことよりも、お客さんの。ですね!笑

一同:笑

『ダーツを投げるときの体重のかける比重を教えてください』

山口さん:これも人によると思いますね。8:2 だったり10:0 だったり。

松本嵐選手:立って実況してもらいましょうね。

村松治樹選手:(スタンスを取りながら)…このくらいです。

一同:笑

菊池さん:すみません。比率で言ってもらわないと!見た目でわからないから聞いてるわけで。

村松治樹選手:僕は、9:1 とかですかね。ほとんど右足ですね。

菊池さん:松本選手は…?

松本嵐選手:僕10:0 です。

村松治樹選手:片足なんですね。

松本嵐選手:もう、ポーズ的に11:-1 くらいですね!

菊池さん:-1 !?体重増えてますよ(?)

松本嵐選手:体が向こうにいってるんで。(前のめりのイメージ)僕は左足がついてなくて、片足で投げてる時代があったので。右足のつま先立ちの。

菊池さん:それは何を目的でそうしてたんですか?

松本嵐選手:より近くにいこうとしたら、そうなってました。

『松本プロのダンスはいつ見れますか?』

山口さん:これは…どういった…?

松本嵐選手:明日オープニングで。

菊池さん:明日オープニングで踊るんすか?

松本嵐選手:今日もオープニングでされてて、ね。

菊池さん:あの…僕バカなんで信じますよ!?

松本嵐選手:どういういじりなんですかね?笑

『ダーツのモチベーションは?』

山口さん:投げ続けられるのか?ってことですかね?

松本嵐選手:村松選手は今ダーツ何年目ですか?

村松治樹選手:僕17年目くらいですかね。(松本嵐選手も)長いでしょ?

松本嵐選手:僕は…19年目。じゃないですかね?

山口さん:19!?

菊池さん:もうちょっとで幼馴染です。笑

山口さん:最初からずっと同じモチベーションだったんですか?

村松治樹選手:昔の伸び盛りで面白いって投げてた時の方がやる気はすごいあっ、いつもやる気ない訳じゃないですけど。笑

村松治樹選手:今は立場的にやる気なくす訳にはいかないっていうのと、お店をやっている関係もあって、店にいる時はお客さんにやろうと言われれば嫌だよと言う訳にもいきませんし、それが自分の環境になるんで、投げていればだんだん面白くもなっていきますし。

山口さん:なるほど。

村松治樹選手:これがお店やってなくて、家で引きこもりみたいになってたら、たぶんいつまでも外出ないで投げてもいないんじゃないかなと思いますね。

松本嵐選手:ダーツやる環境のお店には今いるんですけど、僕はお客さんにダーツ投げてもらいたいんで、店の端っこにいるだけです。お客さんの中には僕のことを追いつけ追い越せでダーツ練習してる人もいるんですよ。自分がそう見られてる意識がある方がモチベーションが上がりますね。僕が追いかけているよりも、自分に対してどれだけみんなが来てくれるかっていのが大きいですね。

山口さん:環境がモチベーションを落としづらいんですね。

菊池さん:そもそもダーツが好きだっていうのが前提にあるとは思いますけどね。

菊池さん:最後の質問です。

『ダーツは好きですか。嫌いですか。』

菊池さん:これで締めましょう!

村松治樹選手:もちろん好きです。

松本嵐選手:僕は嫌いだった時もあるんですよ。ずっとやってると、思い通りいかなかったりとかね。でも結局仕事でもなんでもそうだと思うんですけど、振り返ってみてそれがあったから今があるんで、負けて悔しい時も勝って嬉しい時も全部含めてダーツが好きですね。

菊池山口さん:ありがとうございます。

TSUWAMONO 2019 幕張 コラボイベント リアルタイムトークショーまとめ

今回新たな試みで、リアルタイムで質問を集める企画をさせてもらいました!

普段、トッププロの選手に直接質問できる機会は少ないかと思います。

色々と至らないところがあったかと思いますが、少しでもみなさまに楽しんでいただけたなら嬉しいです。

ありがとうございました!

 

ダーツYouTuber菊池山口さんのTSUWAMONO動画

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。