• HOME
  • 記事詳細
  • ダーツ用品
  • Harrows NOCTIS(ハローズ ノクティス)はスタイリッシュなデザインと安定した飛びを実現させるストレートバレル
Harrows NOCTIS(ハローズ ノクティス)はスタイリッシュなデザインと安定した飛びを実現させるストレートバレル

Harrows NOCTIS(ハローズ ノクティス)はスタイリッシュなデザインと安定した飛びを実現させるストレートバレル

2+

焼き鳥の味付けはたれより塩派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

最近様々なダーツバレルに触れる機会が増えてきました。

皆様はどんなダーツバレルをお使いになり、どういった情報を基に検討、購入をされていますか?

多くのメーカー様から様々なデザイン、形状のバレルが発売されていますが、何を参考にダーツバレルを選び、買えばいいかわからないですよね。

実際に投げてみるのが一番とは思いますが、そもそも情報量が少なかったり。。。

僕らが執筆する記事をとおして、少しでも購入する際の参考になれることを願っております。

 

さて、本題に入りましょう!!!

今回はHarrows(ハローズ)から発売されているNOCTIS(ノクティス)についてご紹介していきます。

Harrows NOCTIS

 

Harrows NOCTIS(ハローズ ノクティス)のスペック

メーカー Harrows
商品名 NOCTIS(ノクティス)
規格 ソフトダーツ
バレル単体重量 20.0g
素材 タングステン90%
バレル全長 49mm
最大径 6.5mm
チップタイプ 2BA

2019年12月13日にHarrowsから発売されたストレート形状のNOCTIS(ノクティス)。

Harrows NOCTIS

NOCTIS(ノクティス)のスペックを基に考察していきます。

バレル全長が49.0mmのため、セッティング次第では結構長めなダーツセッティングが実現可能です。

長めなセッティングはフライトの空気抵抗をより強く受けることからダーツの軌道等が安定します。

ストレートバレルは扱うのが難しいと言われることがありますが、ストレートバレルの中でもNOCTIS(ノクティス)は比較的扱いやすいストレートバレルであると伺えます。

また、軽すぎず重すぎないバレル重量であり、太めな最大径はグリップを安定させダーツを効果的に飛ばしやすい分類であると思われます。

※20.0gの他、18.0g、22.0gも販売されています。

 

NOCTIS(ノクティス)の内容物(特にシャフト)が贅沢

NOCTIS(ノクティス)の内容物は以下のとおりとなっています。

バレル 3本(1セット)
フライト 3枚(1セット)
シャフト 3本(1セット)
チップ 6個(2セット)

じっくり内容物を拝見していると、どうもこのシャフトから高級感を感じる、、、

 

すーぱーぁーぐりっぷぅかぁーぼん...

Harrows NOCTIS

実はこれ、Harrowsから発売されているSUPERGRIP CARBON(スーパーグリップカーボン)といった商品名のカーボンシャフトなんです!

材質も含め高級感を感じるわけにも納得です!

長さは19mmのショートタイプ。

カーボンシャフトはナイロンシャフトと比べると圧倒的な耐久度であり、折れにくいのが特徴です。

それだけではなく、ナイロンシャフトに比べネジ山が緩みにくく、見た目でのデザイン性もいいです。

ダーツバレルセットに同包される、SUPERGRIP CARBON(スーパーグリップカーボン)。

これはもう、NOCTIS(ノクティス)の内容物は贅沢と言わざる得ないでしょう。

 

太めのストレートバレルでグリップが安定化

ストレートバレルの中では太めなバレルのNOCTIS(ノクティス)。

実際に僕がグリップした感じがこちら。

Harrows NOCTIS

日頃はトルピード形状のバレルを使っていますが、グリップした感じの太さが似たり寄ったり。(物によるだろうけど。)

グリップ時の安心感はとても高く感じられ、太めのバレルが好きな方にはオススメです。

 

スタイリッシュな配色のNOCTIS(ノクティス)

ブラック、クールグレー、シルバーの3色でスタイリッシュにカラーリングされたNOCITS(ノクティス)。

ノクティスはラテン語で”夜”といった意味を持つ言葉で、バレルのスタイリッシュなデザイン性は納得といったところです。

個人的にHarrowsのロゴもあってか、どこかの高級車をイメージさせるような印象でした。

Harrows NOCTIS

 

一貫したグリップパターンのカット

NOCTIS(ノクティス)にはV字になるよう配置されたカットが採用されています。

Harrows NOCTIS

一貫したグリップパターンとなっているため、様々なグリップスタイルに対応することが可能なことから多くのダーツユーザーに適合するバレルなのではないでしょうか。

実際にグリップした感じはシャークカット等に比べカット力は無く、スムースな手離れが可能と思いました。

その他にもフロント・センター・リアでグリップしましたが、一貫したグリップパターンだけあって、違和感がありません。

グリップ箇所を微妙に調整したい人にとっては適しているバレルなのかと思います。

 

NOCTIS(ノクティス)を投げてみた印象

投げて一番はじめに感じた印象は”綺麗に飛ぶ"です。

このNOCTIS(ノクティス)の内容物(パーツ)を全てセッティングすると長めのセッティングとなり、空気抵抗を強く受けることから軌道が安定するように感じました。

振り子のようにダーツを投げる方にとって相性がいいダーツではないかと思います。

矢角をしっかりと上に向け、リリースポイントさえ誤らなければダーツは綺麗に飛びます。
※ 失速し、ターゲット箇所より下に落ちることが数回ありましたが、全てリリースポイントを誤った時でした。

また、グリップはとても高い安定感を感じることができました。

手離れが良く、トルピード形状のダーツを日頃から投げている僕にとっては慣れ親しい太さであり、もしかしたらトルピード形状のダーツを日頃から使われている方は同じ印象を持つかもしれません。

最終的なジャッジとしては、ストレートバレルの入門からダーツ初心者まで幅広く適合しやすいダーツではないかと感じました。
※ 僕以外にも2名の方が使用し、意見を踏襲しています。

 

まとめ

今回はHarrowsのNOCTIS(ノクティス)について記事を執筆させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

ラテン語で”夜”を意味するNOCTIS(ノクティス)はデザインがスタイリッシュで見た目重視な僕にとって、いいねボタンを100回押しても足りないくらいです。

朝型より夜型の人は是非!!!!!(違う)

Harrows NOCTIS(ノクティス)の詳細はこちら

2+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。