ダーツの飛びが悪い時の原因と対処法

ダーツの飛びが悪い時の原因と対処法

みなさんこんにちは!

darts meeee!!!!編集部サユリです。

 

みなさんダーツの飛びが悪いなぁ〜って感じた時はどうしてますか?

私は飛ばしたくてけっこう無理やり投げがちです…。(そしてさらに飛びが悪くなる悪循環…)

最近は盤面に刺さらずポロポロと落ちてしまったりもします。

「BULLに入らない」よりも「盤面に刺さらない」方がつらい。本当につらい…笑

 

今回はダーツの飛びが悪くて無理やり投げていたときに、上手な方々からアドバイスいただいた方法をご紹介します!

少しでも同じように悩んでいる方の参考になればいいなと思います。

 

ダーツの飛びが悪い原因

ダーツの飛びが悪い原因は人それぞれだと思います。

グリップ・テイクバック・リリースなどの投げる動作だけでなく、立ち位置やスタンスが原因だったりもするかもしれません。

実際、こんな簡単なことで!?となることもしばしば…

 

しかし、飛びが悪いことがかならずしも”悪”なわけでもないと思います。

自分の描いている理想の飛びができなくて、力が入ったり無理な投げ方をしてしまうのを少しでも改善できていければいいのかなぁと感じています。

 

何をもってして”飛びが悪い”と感じているかによっても変わってくるかもしれません。

例えば「昨日までこんな風に投げれていたのに、今日突然できなくなった」なのか、「自分は波打つダーツの飛びだけど、〇〇プロのようにまっすぐ飛ばしたい」なのか…

私の場合、今まで飛びが悪いと感じたことがなかったのに、突然今まで通りの飛ばし方ができなくなりました。

参考までに、私のダーツの飛びが悪いケースは以下の通りです。

  • ダーツに力が伝わらず手前で失速する
  • 横ぶれしながらダーツが飛び盤面に刺さらない

今までどんなに調子が悪いときでも”ダーツが盤面に刺さらない”ことを経験したことがありませんでした。

 

今でも自分が思ったように飛ばせているかと言われれば、そうではありません。

それに、今の自分の実力ではそこまでストイックに求めなくてもいいのではないかと思っています。

 

ダーツの飛びが悪い時の対処法

では、”ダーツの飛びが悪い”と感じているときにできる対処法をご紹介していきます。

今回ご紹介するのは自分の描いている理想の飛びができなくて、力が入ったり無理な投げ方をしてしまうのを少しでも改善していく方法です。

ダーツの飛びを修正する直接的な解決法ではありませんのでご了承ください。

 

理想の飛びをイメージする

ターゲットまでの放物線をイメージして投げる。

「テイクバックはここまでで、リリースはこのタイミングで…」と考えながら投げると力みがちになるので、自分の描いた放物線に通すように投げるだけです。

細かい動きは気にしません。

 

ダーツを飛ばすのは難しくないと思い改まる

私はけっこうこれが効きました。

腕を振ればダーツは飛ぶもの。難しく考えすぎるから余計な力が入ってしまっていました。

 

カウントアップや01ではなくBIG BULLをやる

カウントアップをやっているとどうしても点数を気にしてBULLに入れたくなります。

飛び云々の前にBULLに入れたくなって躍起になってしまいます。

大きな枠で盤面を捉えればそれもなくなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

人によっては参考になったりならなかったりするかもしれませんが、もし”ダーツの飛びが悪い”と悩んでいる方がいらっしゃれば試してみてはいかがでしょうか?

それにしても、ダーツって面白いですね!

以前まで難なくできていたことが突然できなくなったり、ある日突然できるようになったり、試行錯誤で少しずつ形になっていったり…

皆さまよいダーツライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。