• 特集
  • darts meeee!!!!編集部、ライターの体験談・挑戦といったオリジナルコンテンツをご紹介いたします。
  • HOME
  • 記事詳細
  • 特集
  • ダーツを趣味にするにはこんな人が向いてる!?ダーツにハマる人の特徴5選!
ダーツを趣味にするにはこんな人が向いてる!?ダーツにハマる人の特徴5選!

ダーツを趣味にするにはこんな人が向いてる!?ダーツにハマる人の特徴5選!

みなさんこんにちは!

darts meeee!!!!編集部サユリです!

 

日頃darts meeee!!!!をお読みいただいてるみなさんは、ダーツが趣味に最適なスポーツだということはすでにご存知ですよね。

ではダーツにハマりやすい人の特徴ってどんな人なんだろうか?

今回はそんなテーマでお送りしたいと思います!

 

これは完全なるサユリの主観です。笑

例外の方ももちろんいらっしゃるかと思いますが、私が今まで出会ってきた人たちを参考に選定してみました!

楽しくお読みいただけたら嬉しいです!

 

ダーツにハマる人の特徴5選!【その①:負けず嫌い】

ダーツにハマる人の特徴5選!【その①:負けず嫌い】

まず最初に浮かんだ、ダーツにハマる人の特徴は「負けず嫌い」です。

ご自身やみなさんの周りの人たちも、そういった方が多いのではないでしょうか?

ダーツは勝負が明確につき、実力の差がわかりやすいですよね。

「負けて悔しい!」という思いから次第にダーツにハマった人も少なくないはず!?

 

ダーツにハマる人の特徴5選!【その②:凝り性】

ダーツにハマる人の特徴5選!【その②:凝り性】

次にダーツにハマる人の特徴は「凝り性」です。

ダーツは自分と盤面に向き合うスポーツと言っても過言ではありません。

人のフォームを研究して参考にしたり、何度も投げて自分のフォームを確立していったりと、頭と体を使って技術を磨いていくのが大切になってきます。

そういったことを積極的にできる(ハマる)人は、凝り性な性格と言えるのではないでしょうか。

 

ダーツにハマる人の特徴5選!【その③:球技のスポーツをしていた】

ダーツにハマる人の特徴5選!【その③:球技のスポーツをしていた】

3番目にダーツにハマる人の特徴は「球技のスポーツをしていた」人です。

球技はターゲットへ正確に物を飛ばすものがほとんどだと思います。(私の思いつく限りでは)

ダーツも盤面の目標ナンバーに向けて正確にダーツを飛ばすスポーツです。ですので、球技のスポーツをしていた人は自然とその原理が身についている人が多いはず。

似たような感覚で始められるダーツは、きっと楽しいと思います。

かく言う私も、小中高とずっと球技をしていました!

 

ダーツにハマる人の特徴5選!【その④:1人でもアグレッシブに行動できる】

ダーツにハマる人の特徴5選!【その④:1人でもアグレッシブに行動できる】

その次にダーツにハマる人の特徴は「1人でもアグレッシブに行動できる」人です。

振り返ってみたときにそういう人たちが多い印象でした。

ダーツにハマり始めたとき、友達と約束して行く以外にもちょっと時間ができたらダーツを投げたくなりませんでしたか?

ダーツに行きたいけど、毎回友達と予定を合わせられる訳ではありません。

そうすると、次第に”1人でダーツに行ってみよう!”と行動するようになります。

これができる人は、よりダーツにハマっていくと思ってます。

 

ダーツにハマる人の特徴5選!【その⑤:カジュアルなファッションが好き】

ダーツにハマる人の特徴5選!【その⑤:カジュアルなファッションが好き】

これは…もう完全なる主観です!

ダーツは室内競技で、運動量も少ないのでどんな服装でもできるのが長所です。しかし、やはり動きやすい格好の方がダーツもしやすいですよね。

私の印象ですと、キレイ系のファッションをしている人でダーツをしている人は少ない印象です。

特に男性は、みなさんカジュアルなファッションの方が多いように感じます。

普段ローファーにスラックスを履いてYシャツを好むような人より、スニーカーにデニムでTシャツを好むような人が多いのではないでしょうか?

もしかしたらダーツの時だけかもしれませんし、キレイ系が好きだったけどダーツを始めてカジュアルなファッションにシフトチェンジした方もいらっしゃるかもしれません。

女性は、もっとおしゃれをしてダーツを楽しみたいけど、やっぱり動きにくいからカジュアルな格好になってしまうという方もきっといらっしゃるのではと感じています。

 

どちらにせよとんでもない主観なので、ぜひみなさま審判のほどお願いいたします…笑(ただ洋服の話がしたかった訳じゃ…決して…ない)

 

まとめ

いかがでしたか?

当てはまった人も、そうでない人も、周りの人たちがどんな人なのか聞いてみるのも新たな発見があり楽しいかもしれません。

そして、自分の友人や職場の人たちにこういった特徴のある人がいれば、もしかしたらダーツにハマる可能性があるかも…?

ぜひ一緒にダーツをやってみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。