【ダーツの投げ方】ダーツを”飛ばすこと”を考えてみる

【ダーツの投げ方】ダーツを”飛ばすこと”を考えてみる

みなさんこんにちは!

 

最近調子があがってきて毎日ダーツが楽しいdarts meeee!!!!編集部サユリです。(それでなくても楽しいけどね)

今回は、「ダーツを飛ばす」ことを考えてみようと思います!

 

ダーツの飛びがよくなった

先日の記事「【ダーツ投げ方】テイクバックを”あり”から”なし”へ メリット・デメリット」からテイクバックをなくして投げていたところ、ダーツの飛びがよくなりました。

 

サユリ界隈のダーツ仲間さんからも「飛びがよくなった」「飛びがいいね」と言ってもらえるようになりました・・・!

嬉しい!やったぜ!へいへい!

 

そして、こんな言葉も。

「ダーツをちゃんと飛ばせているね」

 

・・・お?

 

改めて言われてみるとそんなような気がする。

考えたことはないけれど最近”飛ばせている”気がする。

 

とても主観的な表現ですが、

「ダーツを投げる」ではなく「ダーツを飛ばす」

感覚がつかめていきている気がするのです!(気がするばっかり)

 

今までとの違いとダーツを飛ばす感覚

「ダーツを投げる」ではなく「ダーツを飛ばす」感覚がつかめてきました。

じゃあ何が違うの?その感覚はなに?

ってことを私なりに考えてみようと思います。

 

まずは以前と変わった点です。

以前:テイクバックをしていた

現在:テイクバックをなくした

考えられるのはこの1点のみです。

 

私はテイクバックをなくす(正確に言えばまったくなくなったわけではないがイメージとして・・・)ことにより、自分の中のダーツを放つときの感覚が「飛ばす」へと進化していったのだと感じます。

 

放つときのイメージはこんな風に変化しました。

”コンパクトな振りから指でダーツを放つ”

 

ダーツを発射させるのが「腕」から「指」に変わったとでも言ったらいいのでしょうか。

イメージしずらくて申し訳ねぇ。なんですが、そんなイメージ。(ざっくり)

飛ばせるようになって変わったこと

ダーツが飛ばせるようになって変わったことは、腕の力をあまり使わなくなりました。

全然力を使わなくてもダーツさんがピューンと飛んでゆきます。

 

それがきれいにできた時は本当に爽・快!

だから、入る入らないに関わらずダーツがすごく楽しいです!

 

あーーーダーツって本当に奥が深い!楽しい!

一刻も早くダーツがしたい!笑

 

もし”飛び”で悩んでいる方がいて、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。