ダーツボードの各名称をおさらいしよう!ついでに得点も覚えちゃおう!

みなさんこんにちは!

 

darts meeee!!!!編集部サユリです!

 

先日の非力女子記事から、抜き方をくるっとに移行しています。

題して「おてて(笑)保護活動」。

 

 

ただ1つ問題を見つけてしまいました。

グルーピングが気まぐれによかったりすると

ばしゅっとまとめて取りたくなってしまうんです。

(この時「1回で取れるぐらいグルーピングよかったんだぜ?」的なドヤ顔中)

 

ということは、ドヤ顔衝動がやめられない限りおてて保護活動は達成できない…!!

 

 

……まいっか。(いいんだ。)

 

 

気を取り直して本題に入ります。

 

ダーツボードの各名称と点数

 

ダーツを始めたての方の中にはダーツボード(盤面)の各名称を知らない方もいらっしゃるかもしれないと思い、ダーツボードの各名称とそれぞれの点数をまとめます!

 

中心から順にいきます。(画像の青い部分)

 

1.インブル、インナーブル、ブルズアイ

点数:50点

 

2.ブル

点数:50点または25点

※ゲームの内容や設定によって変わります

 

3.トリプル

点数:各シングルの3倍

シングル トリプル
20 60
19 57
18 54
17 51
16 48
15 45
14 42
13 39
12 36
11 33
10 30
9 27
8 24
7 21
6 18
5 15
4 12
3 9
2 6
1 3

 

4.ダブル

点数:各シングルの2倍

シングル ダブル
20 40
19 38
18 36
17 34
16 32
15 30
14 28
13 26
12 24
11 22
10 20
9 18
8 16
7 14
6 12
5 10
4 8
3 6
2 4
1 2

 

5.シングル

点数:各シングル

 

はいこんな感じです。

一覧にしてみるとわかりやすいですね!

 

 

どのゲームで使う?

 

わかったところでどのゲームに使うの?

と感じたアナタ。

 

するどい!!!素敵!!

 

主に”01” ”クリケット”で使用します。

 

”カウントアップ”でも同じように点数は反映されますが、

「その場所を狙わなくてはいけない」ことはないです。

 

一覧にしてみれば簡単なのですが私はよく

(あれ?ここ何点だったっけ?)

となるので自分にとってもまとめてよかったなと感じます!!

 

 

得点を覚えたらもうアナタは立派なダーツァーです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。