• HOME
  • 記事詳細
  • ダーツ用品
  • 歴がまだ浅いダーツ初心者から中級者にオススメしたいストレートバレル!D.CRAFTのCRUSADERS FALCHION(ディークラフト クルセイダーズ ファルシオン)
歴がまだ浅いダーツ初心者から中級者にオススメしたいストレートバレル!D.CRAFTのCRUSADERS FALCHION(ディークラフト クルセイダーズ ファルシオン)

歴がまだ浅いダーツ初心者から中級者にオススメしたいストレートバレル!D.CRAFTのCRUSADERS FALCHION(ディークラフト クルセイダーズ ファルシオン)

2+

納豆ご飯は朝食べるより夜食べる派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

今回ご紹介するバレルはCRUSADERS(クルセイダーズ)シリーズのFALCHION(ファルシオン)です。

CRUSADERS FALCHION

CRUSADERS(クルセイダーズ)シリーズのFALCHION(ファルシオン)はD.CRAFTさんから販売されたストレートバレルで、幅広いダーツユーザーにマッチングができるバレルです。

早速ですが、魅力たっぷりなCRUSADERS(クルセイダーズ)シリーズのFALCHION(ファルシオン)についてご紹介していきたいと思います。

 

D.CRAFT CRUSADERS FALCHION(ディークラフト クルセイダーズ ファルシオン)のスペック

メーカー D.CRAFT
商品名 CRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)
規格 ソフトダーツ
バレル単体重量 20.5g
素材 タングステン 90%
バレル全長 50mm
最大径 6.6mm
チップタイプ 2BA

CRUSADERS FALCHION

D.CRAFTさんから発売されたCRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)

ソフトダーツ規格で、バレル単体重量は20.5gとソフトダーツの規格では重いストレートバレルとなっています。

重量的にコンバージョンポイントを利用すれば、十分にハードダーツとして適用できる仕様ですね。

CRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)ほどの重量は現代のダーツ業界における流行りとも言えるのではないでしょうか。

僕自身が使っているバレルも重めのバレルなので、とても親近感は高いです。

また、バレル全長は50mmと長めのバレルであり、最大径は6.6mmと太すぎず、細すぎない、程よいストレートバレルです。

様々なバレルスペックを見て考察している僕が思うに、初心者から中級者のダーツ歴がまだ浅めなライト層にはオススメできる仕様に見えます。

実際に投げて感じたことを含めながら細かいところまで紹介していきます。

 

強カットでノンスリップ

CRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)は”シャークカット”、”ウイングカット”、”TVC(ツインバーティカルカット)”、”縦カット”が採用されており、複合的なカットバレルです。

注目すべきは4面にある縦カット!!!!!

CRUSADERS FALCHION

実はこの縦カットがよりカットの効果を強く引き出しています。

グリップした際にその強いカットは皆さんも共通して感じるのではないでしょうか。

ファルシオン(刀剣)という名前を察するに、カットを鋭くしているのかもしれませんね。(ただの感)

試投をしていて思ったのが、『弾丸のように飛んでいく』です。

流石のカット力と言ったところか、ダーツに力を伝えることに関しては一級品です。

このカット力であればノンスリップで効果的にダーツへ力を伝えることが実現できると思います。

 

セッティング次第でとても長めなダーツに

CRUSADERS FALCHION

バレル全長が50mmとあって、セッティング次第ではとても長めなセッティングを実現することが可能です。

あまり長すぎるセッティングにしても肩や顔にぶつかり、『ウッ、、、!』っとなることもありますが、、、

長いセッティングでフライトの空気抵抗を最大限に活かし、飛びを安定させることができます。

良く飛びが綺麗ですね...!って会話があったりしませんか?

僕も結構言われるんですけど、そもそもシャフトでセッティングを長めにしていたりするんですよ。

綺麗に飛んで欲しい故にセッティングを変えるのは正しいことと僕は思っています。

無論シャフトで長さを調節することが可能ですが、そもそもCRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)が長めな仕様のため、前提として安定感とグリップの範囲が広いといったメリットがあるということです。

そしてダーツの扱いに慣れてきたらシャフトの長さを短くし、より直線的な軌道を目指すなど、使い勝手や応用が効きやすいと思います。

 

コンバージョンポイントでハードダーツにも適用

CRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)はソフトダーツとしては重たいバレルとお話をしました。

この規格...

まさにハードダーツも視野に入れることが可能です!!!

CRUSADERS FALCHION

コンバージョンポイントといった、ダーツの先端部分(チップ)をハードダーツ用に変換するダーツアイテムがあり、これを使えば『ガシガシ』ハードダーツを投げれます!!!

また、コンバージョンポイントでハードダーツとして活用できることの他に、CRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)ならではのメリットが隠れています。

それは、長さを活かしたスタッキングです!

『スタッキングってなんだよ〜。。。』って方向けに簡単な説明をすると、ダーツボードに刺さっているダーツに”ダーツを投げ当てて入れる技術”といったところでしょうか。

上級なテクニックではありますが、上達すれば活用することも可能になるかもしれません。

 

CRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)がダーツ初心者から中級者にオススメな理由

ここまでCRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)の特徴や魅力を伝えてきましたが、僕がオススメする理由はこれです。

活用方法によって引き出しを増やすことができ、試行錯誤試しやすいバレルであること。

そして上達するのに必要な気付きを多く与えてくれるだろうバレルであること。

つまり『初心者から中級者のダーツ歴がまだ浅めなライト層にはオススメできる仕様に見える』っといったところです。

裏を返せば色々と悩んでしまうこともあるかもしれません。

しかし、僕自身の目で数々のダーツが上手い人達を見てきました。

一貫して言えることは上手い人はどんなバレルでも扱うことができる傾向が見られます。

バレルやセッティングにあわせた投げ方をできるってことです。

その力を培うことができる可能性を個人的に感じることができました。

後は選択の自由ですね。(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?

CRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)について、熱々にご紹介させていただきました!

価値観、捉え方は様々と考えますが、少しでもご参考になれることを願っています。

CRUSADERS FALCHION(クルセイダーズ ファルシオン)詳細を見る

 

2+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。