【ダーツ/ダーツライブ】再熱。だからわかる。5ヶ月でAフラに戻した時の僕の物語【急】

【ダーツ/ダーツライブ】再熱。だからわかる。5ヶ月でAフラに戻した時の僕の物語【急】

激辛より辛口派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

前回の記事はこちら。(破を見てからね?)

【ダーツ/ダーツライブ】再熱。だからわかる。5ヶ月でAフラに戻した時の僕の物語【破】

 

 

そしてダーツを投げる日々が再スタートした。

 

レーティング7の後半。

再スタート初日はダーツが飛ばなかった。

飛ばないではなく飛ばし方を忘れていたが的確な表現だろうか。

ダーツボードではなく、ダーツ台にダーツが当たる始末。

レーティングが落ちる一方だった。

レーティングが6付近まで落ちる。

 

しかし、ダーツがとても楽しかった。

 

お店に通うことでダーツの仲間ができた。

ダーツの輪を超え、友達として遊びに行った。

共通の話題で盛り上がり、夜が明けるまで話した。

 

手軽に始められ、一人でもできる。

人との距離が縮み、いつのまにか仲間となる。

マッチを行う際は真剣勝負となる。

 

ダーツの魅力は深いと感じた。

 

再スタートして2ヶ月目。

レーティングが1上がった。

レーティングは8となった。

多い時では週に4日間はダーツを投げていた。

スタンスグリップ等を見直し、再度、Aフラに戻すことを心に誓った。

 

その後、ダーツを投げて投げまくる日々が続く。

1週間のフル出勤もあった。

 

何故、ブルに入ったのか。何故、ブルに入らなかったのか。

試行錯誤の日々が続いた。

レーティングの推移は若干ながら気にするものの、昔以上に気にならなくなっていた。

下がるものだと知っていたからだ。

 

再現性を高めること。

リリースを意識し、フォロスルーではブルに手を伸ばす。

ダーツの軌道を常にイメージ。

ダーツを投げる際の全身運動をいかに最小限にするか。

そんなことばかり考えていた。

 

そして再スタートから5ヶ月が過ぎた。

 

ダーツの腕前が急激に伸び、僕はAフラを取り戻した。

思った以上に呆気なかった。

 

そして僕は心の中で 「おかえり。」 と呟いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。