• コラム
  • darts meeee!!!!編集部・ライターによるダーツのちょっとした発見、考え、日常を記載していきます。
ダーツ初心者が覚えておきたいダーツのマナー11カ条!

ダーツ初心者が覚えておきたいダーツのマナー11カ条!

1+

みなさんこんにちは!

darts meeee!!!!編集部サユリです。

今回は、初心者の方へ向けたダーツの基本的なマナーについてお話したいと思います!

ダーツバーに行ってみたいけど、マナーがわからなくてなんだか気が引けてしまう…!

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方はこちらを読めばもう大丈夫!

マナーを守って楽しくダーツができること間違いなしです。

 

ダーツのマナーには、対戦前・対戦中・対戦後にそれぞれマナーが存在します。

それではいってみましょう!

ダーツ対戦前のマナー

まずは、ダーツを対戦する前のマナーについてです。

「よろしくお願いします」とグータッチ!

グータッチ

ダーツを対戦する前に対戦相手に「よろしくお願いします」とグータッチをします。

これは、どのスポーツでも共通かもしれませんね。

対戦相手に敬意を示してスポーツマンシップに則ってお互いに心地よくプレイしましょう!

関連記事
【ダーツの疑問】なぜ、グータッチをするの!?

 

ダーツ対戦中のマナー

では次に対戦中のマナーについてご紹介します!

相手のダーツに対して掛け声をかける

ナイス!

対戦中は、相手のダーツの結果に対して掛け声をかけます。

相手は3本中1本BULLを決めたら「ナイスワン!」や惜しくもターゲットを外してしまったら「ナイストライ!」など、状況に応じて掛ける掛け声は違ってきます。

始めはなんだか気恥ずかしくて、しかもどういった掛け声をすればいいのかわからないかと思います。

初めは無理して全部を言う必要はないかもしれませんが、相手が”いいダーツしたな!”と思ったときは「ナイス!」と言うだけでも相手との距離がぐっと縮まるかもしれませんね。

詳しい掛け声ルールはこちらの記事にまとめてあります!

【初心者向け】これでもう迷わない!ダーツの掛け声ルール!

【初心者向け】これでもう迷わない!ダーツの掛け声ルールその2【アワード編】

相手のスロー中は邪魔をしない

これは言わずもがなですが、対戦相手がスローをしている時に邪魔をするような行動はしてはいけません。

相手のスローの邪魔になるような行為は例えば…

  • スローラインより前に出る
  • スロー中に声をかける
  • スロー中に体に触る

などといった行為です。

スローラインより前に出るのがなぜいけないかと言うと、スロー中に視界に入ってしまって集中を削いでしまう恐れがあるからです。

楽しい飲みの場でのダーツだったらもしかしたら当てはまらない場合もあるかもしれませんが、まわりには自分たち以外にもダーツを楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいます。

そういった周りの方にも配慮を欠かさないようにしましょう!

八つ当たりや機嫌を損ねた態度をしない

八つ当たりしない

人生山あり谷ありのように、ダーツにおいても調子の良いとき悪いときは必ずあります。

どんなに調子が悪く自分の思うようなダーツができなかったとしても、それを対戦相手にぶつけるのは言語道断です。

ダーツを故意に投げたり落としたりしない

これは私個人の考えなのでそう思わない方もいらっしゃるかと思いますが、一応載せておきます。

スポーツにとって、道具はとても大切なものです。言わば自分の化身といっても過言ではないかと…(言い過ぎかもしれませんが…)

大切な道具を、故意に投げつけたり落としたりするのはそのスポーツを侮辱しているのと同じことだと思っています。(あくまでこれは私個人の意見です。)

人に向かってダーツを投げるのはマナーというより危ない行為ですのでもちろんやめましょう。

 

ダーツ対戦後のマナー

ダーツの対戦が終わった時のマナーを紹介します。

「ありがとうございました」と握手する

握手

対戦が終わったら、「ありがとうございました」と相手の健闘を讃えて握手をしましょう。

真剣勝負のプロも、試合中はお互い緊迫した雰囲気の中戦っていますが、いざ戦いが終わればお互いに相手を讃えて握手やハグをしています。

戦ってくれた相手に対して「ありがとう!」と敬意を表すのはとても大切なことです。

使わないダーツ台にカードを差しっぱなしにしない

これは、ダーツライブやフェニックスの筐体で使える対戦成績などを残しておけるカードを使っている場合です。

占有できるような場合には問題ないかもしれませんが、投げ放題などのお店で投げないのにカードを差しっぱなしにしていると、投げたくても躊躇してしまう他のお客さんがいるかもしれません。

ダーツを投げ終わってしばらくその場を離れるのであれば、挿してあるカードも抜いておきましょう。

関連記事
【DARTSLIVE】ダーツライブカードを使って結果を残そう!通信対戦、記録やカスタマイズが可能に!
【初心者必見】フェニックスのダーツカードを登録してレーテイングを算出しよう!【PHOENIXDARTS】

ゲーム中画面をそのままにしない

これもカードと同じように、ゲーム中にその場を離れしばらくゲームをしないのであればゲームの画面を終了しましょう。

やり方がわからない場合は、店員さんに聞くなどして画面を戻してもらいましょう。

 

番外編!

では最後に番外編をご紹介します!

ダーツをおもいきり楽しむ

基本中の基本ですね!ダーツ中はダーツをおもいきり楽しみましょう!

みんなでワイワイするダーツも、集中して黙々とやるダーツも、どんなときでもダーツを楽しむ姿勢を忘れずに!

お酒の強要はしない

ダーツバーではお酒を飲む方が多くいらっしゃいます。

盛り上がってみんなで飲むといった場面もあるかもしれません。

しかし、中にはお酒が苦手な方もいらっしゃいます。そういった方にお酒の強要は控えましょう。

相手との距離感を大切に

男性であっても女性であっても、求めていない過度なスキンシップはよいとは言えません。

相手との関係性や距離感を大切にダーツを楽しみましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

ダーツ特有のマナー以外にもいくつか載せさせてもらいました。

中には普段の対人関係でも気をつかっているよ!という方も多いかと思います。

要はみんなで楽しく気持ちよくダーツをできれば問題ないってことです。

ダーツ特有のマナーがよくわからなくて不安…という方は、始めに「ダーツ初心者でルールやマナーがよくわかりません」と一言伝えれば、優しいダーツユーザーたちは進んで教えてくれます!笑

わからないことは、周りの人に積極的に聞いてみましょう!

1+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。