【スタンスを紹介】ダーツの立ち方について覚えよう!

【スタンスを紹介】ダーツの立ち方について覚えよう!

ペプシよりコカコーラ派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

皆さんダーツを投げる際の立ち方(スタンス)は意識していますでしょうか?

自分にあった立ち方をすることによって、安定したダーツが可能となります。

ダーツを”投げる”ことばかりに意識が奪われ、立ち方をないがしろにしてしまうことは多くあると思います。

立ち方もとても大切な要素の一つなので、自身の立ち方が確立できていない場合はこれを機に見ていきましょう!

 

 

立ち方の種類

立ち方には基本的な3つの種類があります。

それぞれ足の配置の仕方によって、名前が変わってきます。

  1. スタンダードスタンス
  2. クローズドスタンス
  3. オープンスタンス

 

それではそれぞれの特徴を見ていきましょう!

 

 

スタンダードスタンス

スローラインに対して斜めに足を配置する立ち方です。

最も自然な立ち方で安定感があると言われている立ち方になります。

自然と言われるだけ故に「気がつけばこの立ち方でいつも投げてた!」って人もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、自然な立ち方ということは、楽に投げれる立ち方ということでもあります。

無理の無い立ち方で楽になげれる、これはスタンスを決める上で最も重要なポイントです。

その他、「足にかける体重の割合」や「足の角度」などの微調整ができるので、万能な立ち方と思います。

 

 

クローズドスタンス

スローラインに対して平行に足を配置する立ち方です。

何と言っても「再現性の高さ」が魅力!

スローラインに対して平行に足を並べるだけなので、毎回同じ立ち方を簡単に再現できます。

個人的な意見を言いますと、ダーツは再現性がとても大切と思っています。

同じ投げ方、同じ立ち方、これをいかに再現できるかどうか!

 

また、最も前重心になれるのもクローズドスタンスになります。

前重心になればなるほど、ダーツからターゲットまでの距離は近づけますね。

ただし、身体への負担がかかる立ち方でもあります。

腰にダメージが・・・

って耳にしたりするので、無理にクローズドスタンスにしないように注意しましょう!

 

 

オープンスタンス

スローラインに対して垂直に足を配置する立ち方です。

顔がターゲットに向かって真正面となるため、ターゲットまで自然と一直線となります。

ターゲットまで一直線にテイクバックして投げることができる。

つまり、「真っ直ぐ投げる事」に一番向いています!

そして、クローズドスタンス同様に再現性も高いです。

 

欠点は「安定感」にあります。

両足をスローラインに対して垂直にしてみることでわかると思いますが、バランス感覚が備わっていないと多少ぐらつきます。

また、ターゲットとの距離も遠くなってしまうのでオープンスタンスは3種類の立ち方の中でも難しい類ではないでしょうか。

 

 

まとめ

ここまで基本的な立ち方、3種類を紹介しましたがいかがでしたか?

正直なところ人それぞれ身体の作りは異なります。

3種類のいづれかから派生させ、自身に合った立ち方を見つけるのもいいでしょう!

(編集部員のハナザワも頑張っております。)

 

いかに楽に、自然に投げれるか!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。