【ダーツのルール】STANDARD CRICKET(スタンダードクリケット)をやってみよう!【ダーツライブ】

【ダーツのルール】STANDARD CRICKET(スタンダードクリケット)をやってみよう!【ダーツライブ】

クロールより平泳ぎ派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

シングルス(1:1)で対戦する時、ダブルス(2:2)等で対戦する際は必ずといってもいいくらい行う、定番ゲーム!

「STANDARD CRICKET(スタンダードクリケット)」です!

戦略的に陣取りをしていくゲーム性が魅力的で、実際にプレイしても、観てても楽しいゲームとなっています!

今回は「CRICKET(クリケット)」モードの王道ゲーム「STANDARD CRICKET(スタンダードクリケット)」について紹介したいと思います。

 

クリケットのルール『ターゲットナンバーを狙え!』

スタンダードクリケットは戦略的に陣を取り、持ち点を増やしていくゲームです。

1ラウンドに3投のダーツを投げることができ、ターゲットナンバーを狙います。

ターゲットナンバーは、以下のようになっています。

  • 15ナンバー
  • 16ナンバー
  • 17ナンバー
  • 18ナンバー
  • 19ナンバー
  • 20ナンバー
  • ブル(アウトブル・インナーブルどちらでもOK)

ターゲットナンバー

上記以外のナンバーにダーツが入っても、ノーカウントです。

 

クリケットのルール『マークとオープン&クローズ』

ターゲットナンバーのシングルエリアに3回ダーツを入れることにより、そのエリアが自分の拠点になります!

シングルエリアにダーツが1投入れば「1マーク」、2投入れば「2マーク」、3投入れば「3マーク」と呼びます。

マーク

 

以下の例では、20ナンバーに「3マーク」、19ナンバーに「2マーク」、18ナンバーに「1マーク」となっています。

クリケット画面

上記の20ナンバーのように「3マーク」することで、そのエリアが自分の拠点となります。

この状態を「オープン」といいます。

オープンした状態から更に、同じエリアにダーツを入れることで「加点」されます。

スタンダードクリケットは全てのエリアがクローズした時、または、ラウンド終了時に得点が高かった方が勝ちです!

積極的に「加点」をしつつ、拠点を増やしていきましょう!!!

 

また、オープンした自分の拠点に対し、相手プレイヤーがシングルエリアに3回ダーツを入れた場合、そのエリアは無効状態となり、これを「クローズ」といいます。

クリケット20ナンバークローズ

 

クリケットのルール『ダブル&トリプルを狙え!』

ターゲットナンバーの「ダブル」または「トリプル」に入ると、相手を引き離すチャンスです!

「ダブル」に入ると、2マークの扱いとなり、「トリプル」に入ると、3マークの扱いとなります。

シングルエリアにダーツが3投入るより、「ダブル」や「トリプル」にダーツが入ることで、戦況は有利に進めることができるでしょう。

 

ゲームの設定

スタンダードクリケットで遊ぶための操作を説明します。

 

「CHANGE」ボタンを長押しでメインメニューに移動します。

メインメニュー

 

メインメニューから「CHANGE」ボタンでカーソルを「CRICKET」に移動し「P1〜P4」のいずれかのボタンを押します。

メニュー画面

 

CRICKETメニューから「CHANGE」ボタンでカーソルを「STANDARD CRICKET」に移動し、プレイ人数に応じて「P1〜P4」ボタンを押します。
※複数人で対戦することも可能ですが、「1人:1人(シングルス)」や「2人:2人(ダブルス)」で対戦されることが多いです。

CRICKET画面

 

上記の操作でSTANDARD CRICKETのゲームが開始されます。

スタンダードクリケットのコツ

初心者の場合はエリアが一番広い、シングルのエリアを狙ってみましょう!

ある程度、腕に自信がついてきたら、トリプルのエリアやダブルを積極的に狙ってみてください!

狙った場所にダーツが飛ばせるようになることが大切です!

 

スタンダードクリケットは1人練習にもいい?

スタンダードクリケットは主に対戦で使われますが、1人練習にももってこいです!

こちらの記事を参考にしてみてください。

【ダーツの練習】どこまで出せる?クリケットで行う練習方法

 

まとめ

何度も書かせていただきます!スタンダードクリケットは戦略的なゲームとなっています。

ターゲットととなるナンバーが決まっているため、難しいゲームではありますが、局面によっては戦略的に”勝ち”にいくことが求められます。

「今日は真剣勝負をしようぜ!!!」って時などには、スタンダードクリケットを是非、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。