紙飛行機でダーツの練習!?紙飛行機で”投げる”ではなく”飛ばす”を学ぶ

紙飛行機でダーツの練習!?紙飛行機で”投げる”ではなく”飛ばす”を学ぶ

折りたたみ財布より長財布派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

突然ですが、ダーツをされている皆さんにご質問です。

日頃ダーツをされいてる時はダーツを投げている感覚が強いか、飛ばしている感覚が強いか、どちらでしょうか?

 

僕は万年Aフラの身なので、まだまだダーツでわかないことが多いです。

しかーーーし!!!

以前のAフラの僕と今の僕では雲泥の差があることがあります!

それは、ダーツの重みを感じることを意識して投げていることです。

気になる方はこちらの記事を参照ください。

ダーツを投げる時に重みを感じている!?ダーツがすこぶる調子良くなった。

ダーツの重みを感じて投げることの重要性について記載しています。

 

以前までの投げ方を簡単に説明すると、「腕を振ってダーツを投げていたが、ダーツに力が全くと言っていいほど伝わってない!」です。

当然ダーツを”飛ばす”といった感覚なんてありませんでした。

今では少しずつ、飛ばすことを体得できているのではないかと感じています。

 

前置きが少し長くなってしまいました。

今回はダーツを飛ばす感覚を更に角度を上げるための練習をしていきたいと思います。

 

紙飛行機を飛ばしてダーツの練習をする前にとりあえず紙飛行機を作る

当たり前ですが、紙飛行機が無いと始まらない練習方法。

今回はA4サイズの紙を一枚用意し、ナイトメア(紙飛行機に名前を付けた)を作ります。

折る

ピシッピシッと紙の端と端を合わせしっかりと折っていきます。

これは凄い飛距離がでるに違いない・・・

そして。

出来たのがこちら!

紙飛行機

くるす

できた!!!ナイトメア!!!(中二病)

紙飛行機を作るのも慣れたもので、実は過去にこんな記事を公開しています。

【前編】ダーツを紙飛行機のように飛ばすイメージだけではなく、紙飛行機も飛ばしてみた!

【前編】ダーツを紙飛行機のように飛ばすイメージだけではなく、紙飛行機も飛ばしてみた!

 

紙飛行機を相手の胸に向かって飛ばすダーツの練習方法

紙飛行機に力を上手く伝えることができれば、相手の胸にむかって飛ばすことは容易に行えます。

これはダーツにおいても同じ理論であると考えており、ダーツに力を上手く伝えることができれば力いっぱいにダーツを投げる必要もなくダーツは飛んでいきます。

それでは実際に投げてみたいと思います。(ダーツ初心者の社員さん(女性)に協力要請)

フォームはダーツを投げる時と同じフォームを作ります。

構える

そして、相手の胸元に目掛け紙飛行機を飛ばします。

お、、、いい感じに飛んでいる!

くるす投げる

っと思いきや、急速落下(笑)

くるす 落ちる

 

次はダーツ初心者の社員さんの番です!

え…

女性社員 紙飛行機投げる

上手すぎた!!!

しっかりと紙飛行機に力が伝われば綺麗に飛ばすことができるはずです!
(紙飛行機に問題がある場合もあります。)

 

僕はこの後何回か紙飛行機を飛ばしましたが、上手く飛ばすことができる時もあれば、数回ほど胸元の手前で急速落下。

まだまだですね…

 

上手く飛ばすポイント

紙飛行機が飛んでいく軌道をイメージし、その軌道に向かって紙飛行機を飛ばします。

また、紙飛行機を力任せに飛ばそうとする人はいないと思いますが、力を入れて紙飛行機を飛ばしてしまうと上手く飛ばないので注意しましょう。

 

 

皆さんも是非やってみてください!

久々に紙飛行機を作るのが楽しかった。(笑)

 

あ、ちなみにこの練習方法はダーツプロプレイヤー松中俊樹プロに教えていただきました!

【ダーツプロ紹介】ダーツのイップスと向き合いながらもPERFECTプロとして〜松中 俊樹〜

PERFECT所属の松中俊樹プロ。イップス持ちであり、彼の話す言葉には重みを感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。