【グリップが安定した?】TARGET「RISING SUN 95(ライジングサン95) No.5」のダーツバレルを評価

【グリップ位置が固定?】TARGET「RISING SUN 95(ライジングサン95) No.5」のダーツバレルを評価

お好み焼きよりもんじゃ派。

どうも、darts meeee!!!!編集部のくるすです。

 

GWが終わってしまった!!!(白目)

みなさんGWは楽しく過ごされましたか?

ダーツを投げ込んで過ごした方もいらっしゃることと思います。

僕も適度にダーツを投げて過ごしていました。(アルコール漬け)

 

さて、今更ではありますが、僕が使っているバレルについて今回はご紹介したいと思います。

昔から村松治樹プロモデルのバレルが好きで、現在はTARGETの「RISING SUN 95(ライジングサン95) No.5」を使っています。

マイダーツ

(結構、使い込んでいます。)

 

基本スペックがこちら!

  • 材質   :95%タングステン
  • 重量   :21.5g
  • バレル全長:42.5mm
  • 最大径  :7.8mm
  • タイプ  :No.5

 

このバレルに決めたのは2つの理由からです。

  • バレルが重い
  • グリップ位置が固定される

 

まず重さですが、バレル単体の重量が21.5gあるので、全てセッティングをすると、かなり重く感じると思います。

よく周りの方に「ダーツ投げさせて」と言われる機会がありますが、みんな口を揃えて”重い”といいます。

ダーツがボードに刺さると、ドスッ!!!っといい音が病み付きとなっています。(笑)

重さがあると、ダーツが飛ぶ、重さを感じれる、ダーツが弾かれにくい、などのメリットもありますよ!

 

次にグリップ位置です。

これが一番の決め手となった要素です。

グリップ位置

写真を見ると分かると思いますが、グリップの場所が窪んでおり、グリップ位置が固定化されます!

こちら「マイクロドットエリア8面により構成」だとか。(ぐぐった)

グリップ位置が固定化されることにより、間違いが減る!つまり、再現性が高まる…はず!!!

悩む要素が一つ解消!!!

素敵。

 

また、バレルの前方部分は絞り込みされているので、グルーピングが良くなるようにデザインされている気がします。

色も個人的に好きな青色だったり。

使い込み過ぎて、色が落ちていますが、見た目、大事!!!

バレルに悩んでいたら、是非一度手に取ってみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。