【ダーツ】01を上がりやすくするアレンジをマスターしよう!

【ダーツ】01を上がりやすくするアレンジをマスターしよう!

こんにちは!

drats meeee!!!!ライターのたくみんです!!

今回は01のアレンジについてお話していこうと思います!!

 

相手より早く点数を削っていたのにburstしてしまい負けてしまった経験がみなさんはありませんか??

今回はburstせずに01で上がりやすくする「アレンジ」の紹介をしていきたいと思います!

01の上がり方

01の上がり方として「マスターアウト」「ダブルアウト」「オープンアウト(シングルアウト)」の三種類があります!!

  • マスターアウト:シングルナンバー以外で上がれる
  • ダブルアウト:ダブルナンバーで上がれる
  • オープンアウト(シングルアウト):どこでも上がれる(基本的にシングルナンバー)

プロの大会ではマスターアウト、ダブルアウトが採用さていますね!!

ハウストーナメントや公式大会でもアマチュアはオープンアウトが多いですねーー!

 

なので基本的にはシングルナンバーで上がるのが一般的だと思います!

しかし早く01を上がるなら21以上の数字で上がらなければなりません、そして得意なナンバーであったり次の上がり目が消えない数字であったりする必要があります!!

 

基本的にはマスターアウトでもダブルで上がるのが好ましいと僕は思います!!

トリプルアウトを狙うと的が小さい上に失敗してしまった後全然違うナンバーを狙わないといけなくなる場合があったりしてしまうからです!!

 

01で上がりやすい一般的なアレンジ

では01で上がりやすい一般的なアレンジを紹介したいと思います!

基本的には「32」や「50」にアレンジをするのが好ましいと言われいます。

 

理由としてはブルは言わずとも一番投げ慣れていると思いますのでどのナンバーよりも上がりやすいからです!

32という数字は16のダブルから失敗してシングルに入っても16→8→4→2と次の上がり目が残り続けるため好ましいとされている理由になります!!

 

なので入ったら32や50になる数字は”覚えて”おきたいですね!!

基本的にはハイナンバーの60.57.54.51.50の数字を引いた時に50、32になる数字を覚えます!

60 57 54 51 50
50 110 107 104 101 100
32 92 89 86 83 82

01で上がりにくいアレンジ

しかし重要なのはいかにブルを使って上がりやすい数字に持っていくかという事なので必ずしも上記のやり方でやった方がいいわけではないのです。

例えば92という数字で20のトリプル→16のダブルという上がり方でシングル20に入ってしまったら72が残ります。72を残してしまうとブル→11のダブルや12のトリプル→12のトリプルなどあまり投げ慣れていないナンバーを狙わないといけなくなってしまいます。ブルに入れて22を残したとして上がれればいいですけど外してしまった場合残りの数字は少ないのに1回で上がれなくなってしまうんですよね、、、

つまりは次回に保険をかけられる数字にしていくのが好ましいのではないかということです!!

また、得意なトリプルや得意なダブル、クリケットなどで投げ慣れているナンバーのトリプルやダブルを利用しつつ32や50に合わせられるようにしていくと削りも早くなると思います!!

 

まとめ

01のアレンジってセオリーがあるからどうしてもそれ通りに投げたくなりますよね笑

僕も最初はセオリー通りに投げていたのですがやっぱり嫌いな数字は入らないし余計に難しく残ってしまうし、、、

 

結局の所は上がったら勝ちなので上がればいいんですよ!!

だからセオリーなんて関係ない!!!笑

 

ただ最初はセオリー通りに投げてアレンジを覚えていくのがいいと思います。

その場で計算して投げるとやっぱり集中も途切れてしまったりしてしまうと思いますので!!

 

最後にアレンジは計算ではなく「覚える」という事が重要になりますのでこれを覚えておいてください!!

 

ここまで見ていただきありがとうございました!!

また次回お会いしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。