• 上達&コツ
  • darts meeee!!!!編集部やライターが様々な視点からダーツの上達法をご紹介いたします。
  • HOME
  • 記事詳細
  • 上達&コツ
  • 【ダーツ】メンタル強化の秘訣は!?緊張しても”あること”を実践したら良いパフォーマンスができた!
【ダーツ】メンタル強化の秘訣は!?緊張しても”あること”を実践したら良いパフォーマンスができた!

【ダーツ】メンタル強化の秘訣は!?緊張しても”あること”を実践したら良いパフォーマンスができた!

7+

みなさんこんにちは!

darts meeee!!!!編集部サユリです!

 

突然ですが、みなさんはダーツの対戦をしているとき「入れなきゃ」と思ったことはありませんか?

私はよくあります。特に相手に打たれたときによく思います。

 

そして「あ〜ダメだ、全然打てないなんてダメなんだ〜」と思ったこともありませんか?

…私はよくあります。笑

 

今回はそんな試合中のメンタルについて、私の経験を少しお話したいと思います!

「メンタルが弱くて試合のときどうしても思うように打てなくなっちゃうんだよ」なんて方の参考になれば嬉しいです!

緊張はどうして起こるの?

交感神経の働きを高める「アドレナリン」という神経伝達物質があります。

このアドレナリンは、攻撃モードの時に多く分泌されます。

アドレナリンは、「ノルアドレナリン」という物質から生成され、ノルアドレナリンは緊張や不安を感じたときに分泌されます。

ノルアドレナリンが体におよぼす作用が緊張状態に現れる「血圧上昇・震え・動悸」などといった症状です。

 

緊張している時は「ノルアドレナリン」を大量分泌させているということですね。

また、同じ状況にあってもノルアドレナリンが”出やすい人”と”出にくい人”がいるそうで、これは先天的によるものだそうです。

ですので、今から”まったく緊張しない体質”にすることは難しく、緊張どどのように上手く付き合っていくかが課題となります。

ダーツ対戦でメンタルが弱い時の考え方

メンタルが弱かったなぁ〜と思った時を振り返ってみます。

・対戦相手と自分の点数を比べてしまう
・打たなければ!と自分にプレッシャーをかける
・打てなかったらどうしようと先の心配をしてしまう

 

ぱっと思いつくのはこんな感じでしょうか。

これを見てみると、不必要に相手と比べてしまったり自分でプレッシャーをかけてしまったりしていることがわります。

 

しかし、ダーツは自分次第!

よく「ダーツは自分との戦いだ」と聞きます。

本当にそう思います!

次に、私が試合中に実践したことついて紹介します!

ダーツ対戦中メンタル強化で実践した”あること”

メンタル強化の為に実践したのは先日参加したハウストーナメントの時です。

私は2つのことを実践して、自分のダーツをすることができました!

 

先にお伝えしておきますが、私はとても”緊張しい”です。

スローラインに立てば、手は震えるし足はガクガクします。(生まれたての子鹿状態)

 

思うようにグリップが握れない。足が震えすぎてスタンスが定まらない。

なんてこともしばしば…

 

しかし、そんな状態でも普段のダーツのスタッツはキープできたし、それ以上にも打てました。

決めるべきところをきちんと決めることができました。

 

ではその”実践したこと”とは…?

①相手のスローを見ない
②試合だと考えない

 

メンタル強化で実践したのはこの2つです!

darts meeee!!!!をやり始めるようになって、プロの試合観戦をよくするようになりました。

すると、多くの選手が相手のスローを見ていません。次にくる自分のスローに集中しています。

 

他にも、プロの方から直接伺ったり人づてに聞いたりした話の中で、

「普段の練習だと思う」

「自分にノルマを課して、それをこなす作業だと考える」

というのがありました。

 

要は、目の前の盤面と自分のダーツに極限に集中する!もうそれ以外は無!ひたすら無!

ってなイメージでやっておりました。

緊張した時の対策

必要以上に緊張しないための対策として、以下のこともおすすめします。

深呼吸する

広く知られているリラックスする方法ですね。

鼻から息を吸って、ゆっくりと息を吐き出します。

緊張している自分を認めてあげる

調べてみたら、緊張している自分を落ち着こうとすればするほどそこに意識がいってしまうようです。

ですので、緊張している自分を認めてあげるのもいいのだとか。

緊張しないためにはイメージトレーニングが大切

緊張しないためにはイメージトレーニングをすることが大切です。

自分が想定していなかった場面に遭遇すると、緊張してしまうのは当たり前です。

練習の時でも常に試合をイメージして、しっかりとシングルアウトをするイメージをもっていれば、いざという時に役立ちますね。

 

また、実際に成功した時の感情のイメージが大切と言われます。

この1本を決めたら、相手や仲間はどのような感情になるのか…

そのイメージを詳細に思い浮かべることができれば、自信を持って臨めるはずです!

まとめ

メンタル強化で2つのことを実践した結果、納得できるいつも通りの自分のダーツができました!

気負いすぎて空回りして落ち込む…。ということもありませんでした。

 

プロでもないのにプロの真似するなんて、と思うかもしれません。

しかし、プロがやっているからこそ実践に意味があると思いやってみました!

 

自分のメンタルが弱くて、試合でいつもの力が発揮できない!

と思っている方がいらっしゃれば、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか〜?

 

こちらの記事も参考になるので読んでみてください!

7+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。